国内で未承認の医薬品「バイアグラ100ミリグラム」の広告を個人輸入情報誌やダイレクトメールに掲載して送付したとして、新潟県警生活保安課などは22日、薬事法違反容疑で大阪市天王寺区細工谷、通信販売会社「ライフサポート」(同市中央区)役員黒江真人容疑者(37)ら2人を逮捕した。
 逮捕容疑は、2008年6月~今年1月、黒江容疑者らが発行する個人輸入情報誌やダイレクトメールに「ファイザー社製『バイアグラ』100ミリグラム×5錠1万8000円」「効果は5~6時間持続します」などと未承認医薬品の名称や効能に関する広告を掲載し、送付した疑い。 

【関連ニュース】
偽バイアグラ販売で2人逮捕=売り上げ1億円以上
タミフル違法広告で逮捕=輸入代行業者ら6人
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝
弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑
未承認ピルを無許可で保管=販売目的、比国籍の女と夫逮捕

民主党に政策立案機関設置要請(産経新聞)
35歳主婦が首を切られ死亡 通報の夫「自分が刺した」 静岡(産経新聞)
<児童福祉法>親権制限導入見据え、改正作業着手へ(毎日新聞)
【Web】アイフォーンにドラえもん出現(産経新聞)
お祝いすると父娘仲良く? =「ひな祭り」ネット調査-カルピス(時事通信)
AD