昨年の11月3日の土曜日に三島のの山中城跡に行ってきました。


 早朝に、JRの休日乗り放題切符「2600円」を買い地元を出発しました。

途中、JR清水駅に途中下車し、駅前のお店でビールを軽く飲みながら

海鮮丼に舌鼓をうち、JR三島駅からバスで山中城跡に向かいました。


 この城跡は、国指定の史跡になっており美しい障子掘が見られる

ことで有名です。



なべちゃんのブログ


 以下、案内板からこの城跡の説明を引用します。


 史跡山中城は、小田原に本城をおいた北条氏が、永禄年間(1560年代)

小田原防備のため創築したものである。やがて天正17年(1589年)豊臣秀吉

の小田原征伐に備え、急ぎ西ノ丸や出丸等の増築が始まり、翌年3月、

約4,000人の山中城守備軍は、約17倍の豊臣軍総勢67,000人に包囲され、

わずか半日で落城したと伝えられる悲劇の山城です。


 この時の北条方の守将松田康長・副将間宮康俊の墓は今も三ノ丸後の

宗閑寺境内に苔むしている。


 昭和48年度より、三島市が史跡山中城跡の公園化を企画し、すべての

曲輪の全面発掘に踏み切り、その学術資料に基づき手環境整備した。




なべちゃんのブログ

なべちゃんのブログ



 その結果、戦国末期の北条流の築城法が次第に解明された。特に障子堀

や角丸出、屈強スロープの通路や土塁など見るべきものが多い。


なべちゃんのブログ


帰りにバスの時間を待っている間に、城跡入口前の売店で買った寒ざらし団子を

食べる。


JR静岡駅で途中下車し、公開したばかりの映画「のぼうの城」を観て帰路に就く。

充実した小旅行でした。








AD