目指すスイングの遥か先に見えたものは、・・・・・・。

ギックリ腰に悩んだおっさんが、体に優しいスイングを探し求めて辿りついた『左一軸スクエアスイング』。なんと、その先にはあのタイガーが!!。

    こそ  『ご覧頂きます皆様方へ』
 ギックリ腰に悩んだオッサンが、身体の動きを知りたくて遂にコンな所まで来てしまいました。
それは、身体の機能解剖学ですドクロ。身体はメカル的に動く機械的要素があるんですねパー

そのメカニズムに逆らうと力みへと繋がり、それが無駄な力が必要になることや、身体に負担が掛かることが分かりました。
スクロールバーでこの下を見ると、纏めた記事を検索出来るようにしましたので、ご興味のある方は覗いて見て下さい
ありがとう(男)


 



ゴルフスイングのメカニズムについて


◯ はじめに

回転運動と捻転運動要素について


◯ 回転運動と捻転運動

◯ 『捻転運動』から『運動連鎖』を起こす股間節の使い方  

◯ 『「回転運動』と「捻転運動」の根本的な違い』と『具体的な股間節の使い方』


スイングメカニズムの概要

◯ 股間節の可動範囲とアドレスの姿勢の関係

◯ グリップの握り方はヘッド軌道に大きく影響する!!

◯ 『グリップの握り方』による手首の動きとヘッド挙動

◯ グリップとアドレスの関係

◯ 股間節が使え肩甲骨が動くと、コックが自然に作れる

◯ コックはグリップの握り方が重要

◯ ところで、『ニュートラルポジション』って

◯ アドレスの姿勢とグリップの関係




NEW !
テーマ:

毎度突然ですが、右膝が右に移動しないようにテイクバックすると、右腰は後ろに引かれるように動きながら、右股関節には軽く圧迫感を感じますパー

 

これは、今年の初めに取り組んだお尻姿です焦る

 

この時は、かなり踏ん張っていたと記憶していますが、力の入り方は別として、身体の動きには大きな違いがないと思います。

 

バックスイングでは、お尻は飛球線方向に移動していますが、アドレス時より右側に重心移動されているのは間違いありませんパー

 

ダウンスイングに入ると、自然に左脚に重心移動が行われつつ、左股関節が運動軸になるんですよね。

だから、左股関節が運動軸になる前に右股関節がボール方向へ出てしまうと前傾崩壊が起こるんですよね。きっと口笛

 

 

だから、やっぱりダウンスイングに入ったらおヘソが右を向きながら飛球線方向へ移動するのは、正しい動きではないかと思います。

 

 

でも、この画像ではダウンスイングに入ってから、伸び上がってますけどorz

 

 

もしかしますと、切り返しの時に頑張りすぎているのも問題でしょうか。私は、トップから頭の位置が動かないようにダウンスイングに入ります。この時、自然に力がはいっていますが・・・腕。

 

アプローチからフルショット、パッティングまで共通作業なんですけど、コレも脱力しながら頭を動かさずに切り返せる何かがあるのかもですね手

 

またまた、疑念がイップク フーっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。