目指すスイングの遥か先に見えたものは、・・・・・・。

ギックリ腰に悩んだおっさんが、体に優しいスイングを探し求めて辿りついた『左一軸スクエアスイング』。なんと、その先にはあのタイガーが!!。

    こそ  『ご覧頂きます皆様方へ』
 ギックリ腰に悩んだオッサンが、身体の動きを知りたくて遂にコンな所まで来てしまいました。
それは、身体の機能解剖学ですドクロ。身体はメカル的に動く機械的要素があるんですねパー

そのメカニズムに逆らうと力みへと繋がり、それが無駄な力が必要になることや、身体に負担が掛かることが分かりました。
スクロールバーでこの下を見ると、纏めた記事を検索出来るようにしましたので、ご興味のある方は覗いて見て下さい
ありがとう(男)


 



ゴルフスイングのメカニズムについて


◯ はじめに

回転運動と捻転運動要素について


◯ 回転運動と捻転運動

◯ 『捻転運動』から『運動連鎖』を起こす股間節の使い方  

◯ 『「回転運動』と「捻転運動」の根本的な違い』と『具体的な股間節の使い方』


スイングメカニズムの概要

◯ 股間節の可動範囲とアドレスの姿勢の関係

◯ グリップの握り方はヘッド軌道に大きく影響する!!

◯ 『グリップの握り方』による手首の動きとヘッド挙動

◯ グリップとアドレスの関係

◯ 股間節が使え肩甲骨が動くと、コックが自然に作れる

◯ コックはグリップの握り方が重要

◯ ところで、『ニュートラルポジション』って

◯ アドレスの姿勢とグリップの関係




NEW !
テーマ:

 

こんなタイトルの動画がありました。

 

腕を前方に維持するゴルフスイング神話

 

なんだか興味をソソられますねドキドキ

 

 

内容的には日本語でありませんので細かくは理解できませんが、大ざっぱに「#4 左腕前腕が胸と接する部分」に着目していると思われます。

 

 

 

下は動画よりアドレス、トップ、インパクトを切り取って、アドレスとインパクトの肩と腕の角度を比較してみました。

 

 

すると肩と左腕の角度は、アドレスとインパクトは同じようなんですね。

 

でも、トップではその角度は小さくなり、徐々に大きくなりながらインパクトを迎え、フォロースルーでは更に大きくなるように説明されています。

 

なので、腕は身体の前から外れる事を説明しているようなんですね。

 

実は私は身体の正面に維持するようなイメージがありました。

 

この動画に沢山のコメントがありましたが、その内容も身体の前に維持するものだと言う意見が多いようです。

 

こちらは「#3 右人差し指第2間接と第3間接の間第2間接に近い部分 」を説明されている動画です。

 

 

以前にも見たことがありましたが、その内容は理解できませんでした焦る

 

でも改めて確認すると「なるほど~」っと思います。

 

1分20秒辺りで右肘の絞り過ぎについて示していますが、詳細は分かりません涙

 

でも身体の幅から外れないようにすれば、右肘は絞ってしまいます。

 

がっ、それでは「#3 右人差し指第2間接と第3間接の間第2間接に近い部分 」が使えないようですね。

 

この辺りも今の自分に大切な事のように思えます。

 

これらを有効に使うには、前傾維持された状態で下半身リードが必要なんですよね。

 

 

それが一番の問題かも~ガックリ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。