人生とは、手触りのある夢

テーマ:
唐突ですが私Cygneは前回のライブを持ちまして、

WaterGroupでの役目を終わらせていただくことになりました。

これは実はちょうど一年前このバンドに参加した頃より決めていたことで、

道半ばで役目を終えざるを得ないのが大変残念で、

ほんとうはこのバンドでもっと結果を出したかったのですが、

自然の流れはそうはさせてくれませんでした。

今後のWaterGroupにつきましてはまた後日このブログにて報告があると思いますので、

そちらはそのときに譲るとしまして、

私はこれから起業して自分の夢を実現させることに全力を注ぎます。


このバンドに参加したのは結果を出すためだったので、

思うような結果に至らなかったのはほんとに悔しいところなんですが、

ただ得るものがなかったのかと言うと、そんなことは決してありません。

将来的なこと、音楽的なこと、そして人間的なこと、

ほんとに多くのことをこの一年間WaterGroupを通して学び、得て、

そして成長できたことが自分にとって大変有意義なことでした。

この一年間一緒に頑張って活動して仲間になれたメンバーの皆に、

そして応援してくださった皆様には心から感謝しております。

ほんとにありがとうございました。


私からWaterGroupのCygneとして最後に皆様にお伝えしたいことがあります。

それは、「人生とは、手触りのある夢」、という言葉です。

このブログのタイトルにもしておりますが、

これは私が29年間生きてきた中で気づいた最大の発見です。

と言っても別に私がすべてを発見したわけではなく、

私が過去の偉大な人々の叡智を学んだ結果気づけたことですので、

言葉はCygneオリジナルなんですが、その中身の思想は人類何万年の叡智です。


この言葉の真の意味は自分で気づかない限り知っていても何の特にもならないので、

詳しい説明はしませんが少しだけかいつまんで言うと、

「イメージすることが現実化する」、ということです。

簡単な例を出しますと、「梅干し」を想像すると実際には食べてもいないのに勝手にすっぱさを感じ、

勝手に唾液が出てきますよね。

実はこれは脳が現実で起こったことと、想像したことの区別ができないからなのです。

ただ単に想像しただけなのに現実化してしまうというと一見他力本願なことに思えてしまいますが、

決してそんなことはありません。

これが人が持っているという潜在能力の力なのです。

そしてこの力は目に見えないのでなかなか気づきにくいものなのですが、

実はいたるところでこの力を人は使っているものなのです。


思えば5年前私がもっともっと歌が上手くなりたいと思ったときにマイケルに出会い、

そしてマイケルのような素晴らしいエンターテナーになりたいと思ったときも、

一生懸命マイケルの歌をダンスを練習しました。

自分の思いが自分を自然とその方向へと進ませてくれてるんですよね。

その思いは自分の人生の中で何よりも熱意を持っていたことは自信を持って言えます。

私はWaterGroupを始めるまでは成功こそが人生にとって一番重要なものだと思っていました。

しかし今は違います。

成功を目指して努力して、もし万が一報われなかったとしても、

そこには必ず成長という軌跡が自分の人生に残り、

その積み重ねの結果が自分なりに満足のいく人生を創造すると思えるようになりました。


過去から現在に至るまで世界は変化し進化し続けて来ました。

そしてこれからもその流れは続いていくでしょう。

目に見えるものだけが正しいのでもないし、

目に見えないものだけが正しいのでもない。

いいこと、悪いこと、嬉しいこと、悲しいこと、楽しいこと、面白くないこと、

すべての経験が自分を成長へと誘ってくれるものなのです。

「人生とは、手触りのある夢」

このブログを見てくださっている皆様が、

この言葉から少しでも何かを感じ取っていただけていたら私も本望ですし、

どうか皆様これから経験されることに一喜一憂しながらでも、

ご自分の人生を大いに謳歌してください。




それでは皆様一年間ほんとにありがとうございました。

またどこかでお会いしましょう。

See you next time. Good bye.


WaterGroup vo Cygne
AD
実は先日29日の「Live inn Rosa」でのライブをもちまして、

この第二期WaterGroup(第一期は2007年度)は一応の終息を向かえることとなりました。

今回のライブを見に来てくださった方々、そして一年間応援してくださった方々、

本当に本当にありがとうございました。


WaterGroupとしての先の予定はいまだ何も決定しておりませんが、

いずれにせよ第三期WaterGroupは今までとは違った形での船出となります。

次回ミーティングで今後の概要が決定いたしますので、

またそのときに皆さんにご報告させていただきたいと思います。



しかしもう桜が咲き始め春だと言うのに、

天気は良くても風が冷たく吹き付ける、そんな日が続いてますね。

春は別れと出会い、不安と期待、寂しさとわくわく、

そんな相対する感情を同時に感じられる季節なのに、

最近のまだ冬なんじゃないかと思うような天候だと中々そんな気分になってきません。

頑張って咲き誇ろうとしてる桜も何だか可愛そうです。


これも自然が何かを僕たちに伝えようとしてくれているのかもしれません。

滅んでいったものもあれば、進化し続けているものもある。

強いものが生き残るのではなく、変化していけるものが生き残る、

自然は悠久の刻の中でそんな終わりと始まりと言う淘汰を繰り返してきました。

思えばWaterGroupの名前もこの自然淘汰に由来していて、

自分たちなりにはその名に恥じないように様々な形に変化し、

いろいろな姿を皆様にお見せできたと思っております。

そして僕たち自身この変化を通して進化と言う名の成長を遂げられたと思っております。

しかしまだまだWaterGroupの成長は止むことなく、WaterGroupの夢は大空を駆け巡っています。

どうか今後のWaterGroupも応援よろしくお願いいたします。



WaterGroup vo Cygne
AD

Live inn Rosa

テーマ:
前回のブログでも書きましたが、

本日のライブは僕たちWaterGroupの集大成のライブです。

結成して一年間、皆で培ったWaterGroupの音楽をお見せしたいと思います。

ぜひとも池袋「Live inn Rosa」 → http://www.live-inn-rosa.com/index.html  までお越しください。


そして今日はこの日の為に皆で作って皆で仕上げた新曲「∽」(エス)を演奏します。

曲名の由来は、「スカイ」、「スタート」、「新世界」など「S」で始まる歌詞が多く、

それらをひっくるめてさらにその「S」の文字をなんとなく横に向けて「∽」としてみると、

インフィニティ(無限)の記号「∞」に似ていてかっこいいんじゃないかということで、

「∽」に決定いたしました。(因みにこの「∽」、記号は数学用語の「相似」のものです。)


最後に本日のセットリストです。

① ∽

② 手紙

③ Light

④ Heart Beat Heat

⑤ 僕らの地図

⑥ Two Wings


この順で演奏いたしますのでぜひぜひ楽しんで行ってくださいね。

WaterGroupは20時頃出演となっておりますが、

他のバンドさんも出演しますのでそちらも楽しんでいただけたらと思います。

ではまた後ほどお会いしましょう。


WaterGroup vo Cygne
AD