ワーキングマザーのための時短勤務でも目標達成できるようになるコーチング

ワーキングマザーのための時短勤務でも目標達成できるようになるコーチング

NEW !
テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

先日のクライアントさんとのセッションで話題になったこと。

 

どうして子どもって、

『パパいや!ママがいい!』と言うのかな?

『パパのお隣はイヤ!ママのお隣に座りたい!』ときょうだい喧嘩までするのかな?

『パパと一緒にお風呂入りたくない』と泣くのかな?

パパが近くにいるのに遠くにいるママを呼ぶ(あるいはママのところまでやってくる)のかな?

 

 

私は、パパとママの接触頻度の違いとかママへの愛着かな?と思ったのですが、クライアントさんが一蹴。

『サービスのクオリティの差じゃないですか』。

 

さ、サービスのクオリティ・・・!?

そういう視点はなかったけれど、考えてみたらそうかも。

 

・食事の介助一つとっても、ママは丁寧だけどパパは雑。

・ママの作るご飯は食べ慣れていて好きだけど、パパが作るご飯は食べ慣れないから進まない。

・お風呂もパパはおおざっぱで豪快に洗うけど、ママは丁寧だし顔にお湯がかからないようにしてくれる。

・ママは気持ちを察してくれる人、痒いところに手が届く人

・ママとの会話はツーカーだからラクだけど、パパだとゼロから説明しないとわかってもらえない。

・ママは子どもを最優先してくれるけど、パパは自分を最優先

 

 

『子どもも大人同様、クオリティの高いサービスを提供してくれる人を選ぶでしょう』とクライアントさん(^_^;)

バリバリ仕事をしている彼女らしいご発言!

 

セッションのあと、中2長女に『パパとママの、キミたちに接する際のサービス(笑)のクオリティの違いってあると思う?』と聞いてみました。

 

そしたら『断然ママの方がいい』とのこと。

ちなみに、『車の運転はパパの方が上手いから(ママは下手)、パパの方がいい』そうです。

 

 

パパが子どもにイヤ!と言われないで仲良くするには、自分の得意なことでお子さんに信用してもらえば良さそうです。

 

キャンプとか魚釣りとかゲームとか野球とかサッカーとか勉強とか・・・ママより断然クオリティ高い!と思われたら『ママじゃなくてパパがいい!』と言われて楽しくなりそうですね♡

(そういうのすら面倒~仕事で疲れてるんだよ~と言って避けていると思春期にムスメから”パパきもい”と言われたり、ムスコから”オヤジうぜぇ”と言われたりするのか!?)

 

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします



◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

昨日新聞で知ってビックリしたニュース↓

「労組加入でシュレッダー係に不当異動」…和解

===
「アリさんマークの引越社」の名称で知られる「引越社関東」(東京)の男性社員(35)が、労働組合への加入後に営業職からシュレッダー係に異動させられたのは不当だとして、同社に異動の無効などを求めた訴訟の和解が24日、東京地裁(吉田徹裁判長)で成立した。
男性の代理人弁護士によると、同社が異動の不当性を認めて謝罪し、男性を営業職に復帰させて解決金を支払う内容という。

訴状などによると、男性は2011年に正社員として入社。

営業担当だったが、引っ越し作業中に破損した荷物の「弁済金」を給与から天引きされる仕組みに疑問を感じ、15年3月、外部の労働組合に加入した。

 

翌月、この仕組みの廃止などを求めて団体交渉に臨むと、同年6月、「シュレッダー係」に異動させられた

男性によると、仕事中は専用のオレンジ色のシャツを着て、一日中、書類を裁断しては近くのビルに運ぶことを繰り返すよう命じられたという。

 

同年8月にいったん懲戒解雇処分を受けた際には、社内に男性の顔写真と共に<罪状><会社の職制に反抗>などと記された紙を貼り出された

===

 

今どきこんな会社あるんだ・・・と自分の世間知らずに驚愕(@_@)

しかし、こちらの企業の経営者は、レピュテーションリスクって言葉を知らないのでしょうか・・・

 

社員にこんな子どもじみた嫌がらせをしていることを知っただけで嫌悪するし、この会社のサービスを絶対使いたくないし、『この会社、社員にこんな嫌がらせしてたトンデモ会社だよ、使っちゃダメだよ!』と他人に言いふらしたくなる(^_^;)

 

 

世の中にはもっとまともな会社がたくさんあるし、今いる会社を辞めたら何もかも失うわけじゃない。


地球上に男は何人いると思っているの?
35億。あと5000万人。

 

会社の数はそんなにないと思うけど(^_^;)

職業選択の自由がある国に暮らしていることに感謝。

 

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします



◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

人間、得意不得意があると思います。

何でもパーフェクトな人なんて稀でしょう。

 

一生懸命取り組めばどんなことでも上手になる、なんて幻想。

すごーく苦手なことは、一生懸命取り組んだところで、良くて人並みになる程度。

得意な人が本気で頑張って得られる成果とは比べ物にならない。

 

だから、一人ひとりが得意なことをやれば、生産性も高く成果物の精度も高く、何よりみんな得意なことをやっているから活き活きすると思います。

 

それなのに、会社勤めをしていると、会社側が勝手に決めた役割りを割り当てられて『あなたの得意不得意なんて知りません。今日からこれがあなたの仕事です』って渡されてしまうと、イヤでもやらなければならない(ことが多い。本当にイヤなら辞めるしかない)。

 

例えば調査分析が苦手な人に調査分析せよと命じたり。

マネジメントが苦手な人にマネジメントせよと命じたり。

コミュニケーションが苦手な人に高い対人スキルが必要な仕事を命じたり。

 

 

多分、これまでの経験で、自分は何が得意で何が苦手か、だいたい自分でもわかると思うんですよね。

 

苦手な仕事ではあるが様子を見るためにしばらくやってみたけど、結果的に投下時間に対する成果はイマイチ、だから自分が苦手なこの仕事じゃなくて、あっちの得意な仕事をした方が自分のためにも会社のためにもいいと思います。

 

という交渉があってもいいはずなのに、そんな交渉したことあるよ、という話は今のところ聞いたことない(笑)

 

与えられた仕事は全うすべき、という価値観。

自己主張=我儘、という風潮。

仕事とはそういうものだ、当たり前だ、という暗黙の了解。

なので、『私には適さない仕事です』なんて口が裂けても言えません。

 

 

交渉の余地もないから頑張るしかないので、苦手なことでも何とか頑張りますが、当然成果もイマイチですから、上司もイラっとするワケです。

 

『なんでこんなにできないんだ?おかしい。もっと負荷をかければできるようになるだろう』と圧力かけるなど見当違いなことして、ますますできなくなって悪循環。

 

コワイですね~・・・

こういうやり方は、壊れる人を増やすだけ。

 

仕事のミスマッチのせいで苦しんでいる人、私が知っている例以外にも、世の中にはたっくさんいると思います。

 

長いこと苦手なことをやり続けていると心と体がギブアップして病気になると思うんですけど、冗談抜きに。

 

頑張り屋のみなさん、『これ苦手だ』『頑張っても人並みの成果を出せない』と思うなら、自分の気持ちを無視しないで一旦足を止めてくださいね。

同じ頑張るなら、得意なことを頑張った方が、もっとラクに成果出せます。

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします



◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

今日は中2長女がうちのマンション下の保育園に”地域交流”目的で同級生たちとやってきて、保育園児たちをお世話します、というか遊び相手になるのでしょう。

 

 

地域の学校や幼稚園、保育園間での交流が盛んなのか?小学校時代にも保育園訪問したし、他の学校の中学生がうちのマンション下の保育園に来ているもの見たことがあります(マンションの共用廊下から園庭が見えます)。

 

 

長女はこちらの保育園の卒園生で、久しぶりに園の中に入るのを楽しみにしています。

そして、保育園児たちと園庭で鬼ごっごして遊びたい♪と抱負を語っていましたが、長女はどうやらゼロ歳児クラスに配属?される模様。

 

 

ゼロ歳児・・・まだ歩けない赤ちゃんもいるクラスじゃ鬼ごっこはできない、一体何をして遊べばいいの?と困惑気味の長女。

 

うちの子どもたちが赤ちゃんと触れ合う機会はほとんどないので、赤ちゃんがどういう生き物で、どう接すればいいか、わからないのも当然ですよね。

 

赤ちゃんの集団の中に入るなんて、なかなか体験できないから、よく見てきてね。

ゼロ歳児クラスの先生たちの指示に従い、赤ちゃんと楽しく触れ合ってきてね。とだけ伝えました。

 

 

しかし・・・私も長女が生まれるまで赤ちゃんと触れ合う機会ほぼゼロで、初めての赤ちゃんのお世話は大変すぎてゲッソリ痩せました。

何より、どうして泣き続けるのかわからず、私の方が泣きたいよーーと一緒になって泣きました。

 

夫の帰宅も遅く(今より遅かった!)、朝夫を送り出したら恐怖の一人育児。あの時感じた恐怖は今も忘れられない。

『今日も長く苦しい一日が始まるのか・・・お願い、早く帰ってきて』という願いも虚しく、当時の夫はその日のうちに帰宅したことなし。

 

赤ちゃんは、お話をする代わりに泣く。

赤ちゃんは、眠れないよーと泣く。

赤ちゃんは、すぐに機嫌が悪くなって泣く。

 

赤ちゃんってこういうもの、ということを知っていれば、もう少しラクだったのではないかと思っています。

 

小学校・中学校・高校で、赤ちゃんのお世話が必修科目になればいいのに、と本気で思います。

 

長女のゼロ歳児クラスでの奮闘ぶりを聞くのが楽しみです。

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします



◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

小6長男が家庭科実習に必要だからと、にんじん・ピーマン・キャベツをもって学校へ行きました。

 

昨夜、『にんじん20グラム、キャベツ30グラム・・・』とか言いながら、野菜たちを小さくカットしていました(^_^;)

 

各自が持参する量はごく少量ですが、子どもたちがそれぞれ持ち寄るから、調理する際はそれなりのボリュームになりますね。

 

しかし、私の小学生時代に家庭科実習のために家から食材なんて持って行ったっけ?学校が用意してくれたような気がするが・・・

学校で飼育していたウサギのご飯用に、キャベツやニンジンを持参したのは記憶しているけど・・・

 

30年も前の話だもの、違って当たり前か(^_^;)

あの頃は今と比べたらとてもユルかっただろうし(だから楽しかった!)。

今は衛生上の観点から生もの・卵・乳製品を用いた調理実習は禁止みたいです。

 

 

さて。

自分はこれで上手くいったからこれが正解、これまでの経験からこれが普通、あれはやっちゃダメ、他の選択肢がない・・・等の思い込みが私たちの普段の思考や行動を決めています。

 

自分がコーチと話をするときや、クライアントさんたちの話を聞いていると、私たちが普段いかに思い込みで行動しているかがわかってビックリします。

 

他にこんな選択肢もあるよ!

これが正解とは限らないよ!

これ、やってもいいんだよ!

 

ということに気付いたとき、戸惑いつつも受け入れることができると、困りごとが一気に解決に向かうことがあります。

 

ただ、思い込みに気付くのは、自分以外の誰かに話をしてみて、その人の所感?を聞いたときなので、自分一人で悶々としているときは気づきにくいかな。

 

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします



◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

先週、私のホームページをデザインしてくれたふじまみかこさんのグループ展にお邪魔してきました。

 

 

絵画や美術品に極端に疎い私ですが、ふじまさんの人物画は純粋に素敵だな~と思っています。

 

初めて生で見ました、やっぱり素敵です♡

 

私は絵を描けないし難しいことはわからないけど、素敵なものは素敵、上手く説明できないけど好きだ、と感じることは大事だと思う、と頭の中で独り言を言いながらギャラリーを後にしました。

 

普段引きこもり生活をしているので、たまには外に出て、美しいものに触れる機会を作ろう。五感に心地よい刺激を入れよう。

 

 

そして昨日は近場(大山)で登山、お天気よかったけど体に刺激入りすぎて筋肉痛(>_<)

 

 

中2長女は部活だったので小6長男だけ連れていきました。

長男は筋肉痛の”き”の字もない感じ。

夫は『俺は筋肉痛なんてないけど?』と強がってます。

私は『あと何日筋肉痛が続くんだろう・・』と恐怖に怯えています。

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします



◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

昨夜、ママが少しでもラクになるなら・・・とお手伝いを買って出てくれた小6長男。

 

お米を研いで水を入れて、タイマーをセットしてくれました。

今朝は美味しいご飯が炊きあがり、中2長女のお弁当にもイン!

 

長男は私を気遣ってお風呂掃除やちょっとした買い物を自分がやるよ!と買って出てくれますが、長女が・・・(^▽^;)

頼めばやってくれます、はい。

でも自発的に・・・ってのはほとんどない。

(娘より息子の方が母親に優しい説、納得)

 

 

私が子どもの頃は、女の子だから、という理由で、男の子には家事をさせず女の子ばかりがお手伝いをさせられた、というご家庭も多かったのではないでしょうか。

男は仕事、女は家事育児、の時代でした。

(うちの母も、弟には家の手伝いをあまりやらせようとしなかった)

 

 

でも今は共働き家庭が多い社会になり、女性も仕事をするのた当たり前、仕事を持つ女性が家事も一手に引き受けるなんて負担が大きすぎ、という認識になってきましたね。

 

 

男女の役割分担の境目がぼんやりしてきて、今の子育て世代は、子どもの性別関係なく、家事を教え込んでいると思います。

 

 

将来、長男が『家事育児は女の仕事だろ』なんて失言したら、私たちの育て方に問題アリ!と責任追及されてしまう(^▽^;)

 

 

長男は何でも要領よくテキパキやるし、この調子なら将来大丈夫そう。

問題はのんびり屋でマイペースな長女の方だ。

自発的な行動を待っていたのでは成人してしまう。

それとなく水を向けてみるか。

 

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします



◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

私の好きな言葉『ピンチはチャンス』。

こちらのコラムの内容にとても共感したのでシェアさせていただきます。

 

自由に働く、幸せに生きる。総合職系フリーランス女性向けメディアCueのスタッフコラム↓

 

『壁にぶつかったときこそ、チャレンジができる』

 

=====

Cue編集部の米倉です。

先日、「自分らしく生きる・働く」をテーマに対話しよう、というイベントに参加しました。(http://cue.waris.jp/2528.html)

 私が参加させてもらったグループは、会社員、フリーランス、子育て中のママなど、多様なメンバーで対話が繰り広げられました。

 その中で、ある方の言葉がとても印象に残りました。
「制約条件があると、人はチャレンジができる」。

その方は、二人のお子さんをお持ちの女性でした。
育児をしながら、ハードワークのお仕事をこなされてきたそうです。


18時までにはお迎えにいかなければならない、遠方のクライアントへの訪問が難しい、土日出勤は難しい…などさまざまな制約条件に直面し、彼女はその中でもできる仕事を探し始めたそうです。

これまでやってきた領域にとらわれず、少し幅を広げてできることを探し、チャレンジングな仕事でも、制約条件をクリアできるのであれば、どんどん挑戦されたとのこと。

編集のお仕事をされている方でしたが、そのようなチャレンジの結果、ご自身が対応できるライティングのジャンルが広くなり、新たなキャリアが築けたとおっしゃっていました。

幸福学の第一人者である慶応大学の前野隆司教授は、幸せを構成する概念のひとつとして「制約の知覚のなさ」を挙げています。

つまり、「私に何ができて、何ができないかは外部の制約のせいではない」ととらえられるかどうかが、幸福を感じるかどうかを左右するのだそうです。

制約条件にぶつかったとき、それ自体を悲観したり、周囲や環境のせいにしたり、しまいにはあきらめたり…という経験は、誰にでもあるもの。

でも、制約条件そのものをばねに、次のステップにつなげていける人は、前野教授がおっしゃるように、幸せをつかむことができるのではないでしょうか。

「制約条件にぶつかったときこそ、まさにチャレンジのとき」

そう考えると、今自分が置かれている状況を、新たな視点でとらえ直すことができそうです。

 

=====

 

「制約条件があると、人はチャレンジができる」って言葉、なんて前向きなんでしょう!

 

私自身について言えば、もっと後向きの意味で使っています(笑)

 

あれもないこれもない、どーすればいいのさ!と文句言いながらジタバタするけど、文句言っても誰も私の代わりに何とかしてくれないから自分で何とかせざるをえないからしょうがなく何かしらやって、結果的に何とかなっていた、という感覚です。

チャレンジ、という前向きな言葉は相応しくないな、私の場合。

 

元来怠けものなので、制約がなければ精一杯怠けます。

私の怠け癖を正してくれるのが、制約。

 

ピンチがやってきたときは、『怠けてる場合じゃないよ、もっとやりなさいよ!』と神様がお尻を叩きに来たんだなと思い、深いため息をつきながら重い腰を上げます。

 

 

制約条件があったからこそ手に入ったものが多くて結果オーライだったから、制約条件も悪いばかりじゃないね、寧ろラッキーだったね!と思っています。

 

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします



◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

先日、中2長女の中学校で行われた体育祭を見てきました。

本人からは『来なくていい』と言われましたが、ちょっと出遅れて途中から見学。

 

50M走に出るけどリレーの選手と走るから絶対負けるから見ないで!と念押しされていたから50M走は見れなくてもいっか・・・と思っていたら、なんと1着でゴールしたとのこと。見たかった(T_T)

 

部活の試合も、私が見ていない方が勝ち進むことが多いです。

帰宅後に『ダブルフォルト(サーブを2度失敗すること)しちゃってたね・・・』とか言おうものならものすごいイヤな顔をして『ママなんて、テニスできないくせにダメ出ししないで』と文句を言われます(^_^;)

 

 

昨年度学校で開催されたクラス対抗百人一首大会も、親の参観可能だったれど行かなかったのですが、たくさん札を取った模様。

もし私が見ていたらプレッシャー?で札を取れなかっただろうな、と思いました。(そうなったら帰宅後に『ママがいたから取れなかった』とか文句言われそう)

 

 

小さいころからあれだけ『ママ、見に来てほしい』とアピールしていた長女が最近になって『来なくていい』『ダメ出ししないで』とよく言うようになりました。

(私が見に行かないと寂しくなってお腹痛くなる子だったのに・・・)

 

そろそろ親離れ、ですね。

正直寂しいですが・・・上手に子離れできるかしら私?

 

小6の長男はまだまだ甘えん坊なので、下の子を可愛がるしかない・・・でも可愛がらせてくれるのも、あと1年くらい!?

短ーい(>_<)

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします



◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。ワーキングマザーコーチの石崎舞子です。

 

クライアントさんやクライアントさんのお子さんたちの体調不良が続いています。

新学期になり緊張する4月は何とか頑張って過ごし、少しほっとしたこのタイミングで体調を崩すお子さん&大人が多いのかな・・・と思います。

 

我が家の長女も、4月末から喉イタイ鼻水が出る・・・と風邪の諸症状が長引き、先週末ついに発熱。

昨日の体育祭は元気に参加しましたが、調子が戻るまで時間がかかりました。

 

 

さて、知り合いのワーママで、いつもどこかしら調子の悪い方がいらっしゃっいます(T_T)

もしかしてストレスが原因かな?という話になりました。

 

適度なストレスは良いものですが、抑圧された環境で嫌々ながら仕事を続けているなど強いストレスが続いているから体が悲鳴を上げているのかもね、と。

 

 

いつもどこかしら不調を抱えているとか、いつも気分がドンヨリしている方は、何も考えずに機械のように目の前の仕事を捌いて不調について考えないようにするのではなく、寧ろ立ち止まって考えてみるといいです。

 

不調は体と心からのSOSサイン。

頑張る方向が間違っていないか?

自分の心に素直になっているか?

思いを封じ込めていないか?

 

そんなこと考えたって現実が変わるワケじゃなし・・・と考えるのを放棄しないで。

考えると現実は少しずつ変わります。

 

忙しすぎて自分のことを考える時間なんてない!なんて言わずに、毎日頑張っている自分を労わるように、心の声を聴いてくださいね。

 

 

◆ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】のご案内

仕事・人間関係・子育て・夫・自分自身のことについて、知っておくと便利なお話を1日1通合計10通のお手紙としてお届けします。

 

配信終了後は、メルマガ『ワーママ的らくらくコミュニケーション通信』が配信されるよう自動で切り替わります。(配信停止ご希望の方は即解除可能です)

 

ステップメール【ワーキングマザーに贈る10通の手紙】の読者登録はこちらからお願いします



◆メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】のご案内

ワーキングマザーがラクになるためのコミュニケーションのコツをメルマガで紹介しています。(平日の月~金、毎日配信。土日祝はお休み)

 

テーマは、キャリアのこと、職場の人間関係のこと、夫とのこと、育児のこと・・・ワーキングマザー360度全方向、日替わりです。

ワーママとしての実体験とコーチとしての見識を織り交ぜた数々の事例をご紹介しています。

 

理論を知り(誰でも理解できます)普段のコミュニ ケーションで試してみるだけで、実際にコーチングを受けなくても一定の効果が得られます。

 

メルマガ【ワーママ的らくらくコミュニケーション通信】の読者登録はこちらからお願いします

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。