自宅の屋根裏部屋で覚醒(かくせい)剤を密造したとして、警視庁組織犯罪対策5課と町田署は、覚せい剤取締法違反(営利目的製造)の疑いで、イラン人の男2人を逮捕した。同課によると、覚醒剤製造による摘発は極めて珍しく、背後に密輸組織などの関与の有無や流通経路などを調べている。

同課によると、逮捕されたのは相模原市緑区大島、溶接工、アリ・バフィ・モハマド(46)と、同市中央区中央、飲食店経営、ガフレマーニー・フーシャング(39)の両容疑者。2人とも「知りません」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、昨年7月30日から今年4月21日までの間、モハマド容疑者宅の屋根裏部屋で市販のかぜ薬などから覚醒剤の原料物質を抽出し、他の化学薬品を調合するなどして覚醒剤を製造したとしている。

同課などによると、製造現場からは製造マニュアルや器具などが押収されており、器具からは覚醒剤成分が検出されたという。

今年4月に別の事件で逮捕されたモハマド容疑者宅を警視庁が家宅捜索した際、大量のかぜ薬の箱や器具などが見つかったため、捜査を進めていた。

両容疑者は覚醒剤を所持していたとして、5月に同法違反(所持)容疑でも逮捕されていた。

【関連記事】
「好奇心から…」薬剤師を覚醒剤所持で逮捕
覚醒剤所持容疑、済生会福岡病院の医師逮捕 「使うため持っていた」
「大麻で気を紛らわそうと」…所持容疑、歯科医逮捕 覚醒剤の陽性反応も
人生をしゃぶられた夫婦 裁判官「二度と来るな」
手の震えで密輸発覚…覚せい剤飲み込んだ男逮捕

寛仁さま、トルコ特命大使ら犠牲者慰霊(産経新聞)
<殺人>弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で(毎日新聞)
政調会長などで詰め=「菅執行部」、7日発足(時事通信)
【陸自ハイチ奮闘記】先人の偉大な財産を引き継ぐ「日本人として誇りある仕事をしたい」(産経新聞)
窃盗被告、「別人」の可能性=防犯カメラ鑑定書を証拠採用―金沢地裁(時事通信)
AD