全労連は13日、東京都内で評議員会を開き、今年の春闘で「月額1万円以上、時給100円以上」の賃金引き上げを求める方針案を提案した。

 14日に正式決定する。

 今春闘では、連合が統一ベア要求を見送る方針を示すなど、不況を背景に賃上げ要求額を抑える傾向が強いが、全労連は「すべての労働者の賃上げが内需拡大につながる」として、昨年並みの要求を堅持した。評議員会で大黒作治議長は「厳しさは続くが、雇用と賃上げが景気回復につながるという大義を掲げて闘うことが重要だ」と述べた。

北への制裁解除「認められない」 日韓外相一致(産経新聞)
海上コンテナトレーラー横転事故防止へ新法提出(レスポンス)
「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)
<連続不審死>婚活男性への詐欺容疑で再逮捕…埼玉県警(毎日新聞)
メッセンジャー黒田容疑者、店長側と示談成立 午後にも釈放 (産経新聞)
AD