未承認の性的不能治療薬を無許可で販売したなどとして、大阪府警東成署などは、大阪市東淀川区菅原、無職藤原繁行(55)、長男・竜一(24)両被告を薬事法違反容疑で逮捕、大阪地検が起訴したと17日発表した。

 2人は容疑を認め、「知人に韓国語なまりのある売人を紹介され、薬を入手した。2006年頃から(違法販売を)始め、約7000万円の売り上げがあった」と供述している。

 同署は同日、父子の連絡役を務め、犯行を手助けした妻・和子容疑者(44)を同法違反ほう助容疑で書類送検した。

 同署によると、3人は自宅に未承認の錠剤約1100錠を保管。今年3~4月にかけて計3回、同市天王寺区の路上などで、40歳代と50歳代の男性2人に、性的不能に薬効のあるシルデナフィル成分を含む治療薬の錠剤23錠を販売し、2万円を受け取った疑い。

 藤原被告らはスポーツ新聞に広告を出して客を募り、月平均140万円を売り上げていた。不審な広告に気づいた同署が自治体に承認があるか確認し、違法販売が判明した。

荒井戦略相「辞任に値する」=事務所費問題報道で自民・石破氏(時事通信)
<損害賠償>元プロライダーが提訴 モトクロス事故で障害(毎日新聞)
<室蘭>名物「測量山ライトアップ」 寄付金不足で連続点灯ピンチ(毎日新聞)
<1億円>「倉庫にあった」男性、車と勘違い 神戸(毎日新聞)
樽床伸二国対委員長会見詳報(1)(産経新聞)
AD