今年で発売40周年になるミニカー、トミカを大々的に展示する「トミカ博 in OSAKA」(毎日放送など主催、毎日新聞など後援、タカラトミー特別協力)が23日、大阪市住之江区南港北2のATCホールで始まった。来月5日まで(26~28日は休み)。

【写真特集】プラチナに漆塗り 限定トミカを写真で

 テーマは「40年分の歴史が、ぜ~んぶわかる!」。1970年製の初代トミカや、純プラチナを使って当時人気だった「日産フェアレディZ」を再現した210グラムもある「プラチナトミカ」(非売品、参考価格700万円)などを展示している。

 会場では、来場者の選んだパーツからミニカーが出来上がる「トミカ組立工場」や、魚釣りのようにミニカーをつり上げる「トミカつり」などのアトラクションが人気を集めていた。午前10時~午後4時半。中学生以上900円、小学生以下700円、2歳以下は無料。事務局(06・6325・5777)。【川畑展之】

【関連ニュース】
【写真特集】トヨタ2000GT:幻の名車、銀座を疾走 ミニカー発売会見
【写真特集】歴代フェアレディZを写真で見る
【写真特集】日産:フェアレディZロードスター
【写真特集】東京モーターショー:最高速325キロ! レクサス「LFA」世界初公開

<科学技術振興機構>役員車全廃など実施 「仕分け」に先手(毎日新聞)
限度額撤廃規定、盛り込まず=郵政改革法案で政府方針(時事通信)
「宇宙の話聞きたい」=無事帰還に安堵-山崎さん家族(時事通信)
「メール下さい」のノエビア元副社長、初公判(読売新聞)
雑記帳 ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)
AD