岡田克也外相は2日午後の記者会見で、北方領土の国後島沖でロシア国境警備隊の銃撃を受けた日本漁船の船長2人が許可区域外で操業していた容疑で追送検されたことに関し、「人命が失われかねない対応がロシア側にあった。銃撃への批判が和らぐことはない」と述べ、銃撃を抗議する日本政府の立場に変わりがないことを強調した。
 ただ、外相は、域外操業について「誠に遺憾」と述べるとともに、銃撃直後のロシア側への抗議の中で漁船が日ロ間の協定を順守していたと主張した部分を撤回した。 

東大阪市の商品券、販売所責任者が買い占め換金(読売新聞)
羽生四冠が12年連続トップ(産経新聞)
買い物楽しく♪ 高島屋大阪店 増床オープン(産経新聞)
高知・須崎港でも1.2メートル(時事通信)
<フジテレビ>キー局初のバラエティー番組指針(毎日新聞)
AD