裁判員制度の違憲性が争点となった刑事裁判の控訴審判決が22日、東京高裁であり、小西秀宣裁判長は「裁判員制度は憲法上の要請に沿うもので、刑事被告人の権利を侵害するものではない」との判断を示し、被告側控訴を棄却した。同制度を合憲と判断した判決は、全国初とみられる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
6割「司法、より身近に」=参加意欲は横ばい
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
元団体役員に懲役7年=長女殺害で裁判員判決

首相動静(4月20日)(時事通信)
高速通信も全国一律化検討=総務省(時事通信)
<証券監視委>粉飾の疑いで課徴金を勧告(毎日新聞)
<伊賀市>20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し(毎日新聞)
名古屋市の違法行為認定=税減免措置で最高裁(時事通信)
AD