民主党の小沢一郎幹事長は16日の松山市での記者会見で、インターネットを利用した選挙運動の解禁について「各党が進めようということであれば、そういう方向でいいのではないか」と述べ、与野党で合意すれば容認する考えを示した。
 一方、同党の平田健二参院国対委員長は会見で「この参院選でやるべきではない。議論を続け、次の衆院選なり、次の次の参院選でできるということではないか」と語った。 

小沢流「引き締めの儀式」 両親偲ぶ会に2500人(産経新聞)
タイで死亡の村本さん、熟練者が狙撃か(読売新聞)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー-金融庁(時事通信)
オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)
北日本は大荒れ、東日本はポカポカ(産経新聞)
AD