鳩山首相が31日夜、自らの進退に関し、首相官邸で記者団の質問に答えた内容は次の通り。

 ――民主党の小沢幹事長、輿石参院議員会長とはどういう話し合いをしたのか。

 厳しい局面だが、国家国民のために3人で力を合わせて頑張ろうと。その打ち合わせだ。

 ――首相の続投は確認されたのか。

 それは当然だ。

 ――報道各社の世論調査で支持率が2割を切り、首相は辞任すべきだとの回答も半数を超えた。

 ――厳しさはよく存じている。それだけに、ある意味で初心に戻る、そんな格好で頑張るしかない。常に国家国民、国民の皆さんの命を大切にする政治をしっかりと心の中に植え込んで頑張るということだ。

 ――民主党内から首相の自発的辞任を求める声が出ているが、続投の意思に変わりはないか。

 色々と私自身の事でご迷惑をかけていることは理解している。ただ、やはり国民のために働かせていただきたいと思っている。くどいようだが、初心に戻る。そのような思いで頑張るしかない。

 ――9月の民主党代表選に出馬するか。

 まだそこまでは考えている余裕はない。

鈴木俊一さん都葬 石原知事「東京を世界都市に雄飛」(毎日新聞)
自転車登録緩和が「官僚政策グランプリ」(産経新聞)
寝たきり患者の肋骨折る 元看護師、初公判で認める(産経新聞)
「島の結論出ている」=一斉に反発―鹿児島県・徳之島(時事通信)
旅先で野球拳「私的な席とはいえ…」町長陳謝(読売新聞)
AD