民主党の山岡賢次国対委員長は2日午前、国会内で開いた同党の国対会合で、自民党の若林正俊元農水相が参院本会議で離席していた青木幹雄前参院議員会長の投票ボタンを押した問題について「学生時代の『代返』は聞いたことがあるが、国の方向を決める決議(採決)で、投票を代わりにするのは国会史上聞いたことがない。歴史的にも非常に大きな汚点になる」と批判した。

 山岡氏はさらに「自民党が組織の体をなしていないことを憂う。やはり二大政党の一翼をしっかりと担っていただき、国会の権威と品位を一緒に高めていきたい」とも述べた。

【関連記事】
若林元農水相が代理投票問題の責任をとって議員辞職 
「代理投票」若林議員に厳しい対応求める方針
若林元農水相に懲罰動議 隣席の投票ボタン押す
代返もできません…携帯の多機能ぶり、依存と紙一重
普天間移設先 「みなさん腹案で動いてる」 首相

屋内での喫煙規制スタート=「受動」防止条例を施行-神奈川(時事通信)
アフガン邦人記者不明「誘拐は承知」官房長官(読売新聞)
のり食べる生活に適応=日本人の腸内細菌群-消化遺伝子取り込む・仏大学(時事通信)
日米韓の結束重要=黄元書記、中井拉致担当相と会談(時事通信)
民主党の小沢幹事長にまつわる忖度政治の代償(産経新聞)
AD