自民党の谷垣禎一総裁は13日、松山市内で開かれた会合であいさつし、夏の参院選について「いつまでも自民党総裁を続けているわけではない。参院選に勝つか負けるかが私にとっても正念場だ。全力を挙げてやらせていただく」と述べ、進退を懸けて参院選に臨む決意を示した。同氏が参院選に絡み、自らの進退に言及したのは初めて。ただ、具体的な勝敗ラインは示さなかった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<共産党>米原潜の寄航を問う質問主意書提出 志位委員長(毎日新聞)
女性が最もとりたい資格は「医療事務」 収入高いイメージ(産経新聞)
<公明>民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)
“電光石火”…日本滞在わずか22時間 ティファニー強盗犯、足取り判明(産経新聞)
子供の性描写規制に反対=都青少年条例改正で-漫画家ちばさんら(時事通信)
AD