【ワシントン=酒井充】鳩山由紀夫首相は12日午後(日本時間13日朝)、ワシントン市内のホテルで中国の胡錦濤国家主席と約50分間会談した。中国政府が日本人4人の死刑を執行したことには双方とも言及しなかった。

 冒頭で胡主席は「両国による戦略的互恵関係に(鳩山首相が)貢献したことを高く評価する」と表明。首相は「日中関係を具体的中身のある2国間関係に結びつけたい」と応じ、自ら提唱する東アジア共同体構想についても「日中が中核だ」と説明した。

 東シナ海の石油・ガス田開発問題で、首相は「早期の交渉開始のため胡主席自ら関係部局に指示を出してほしい」と述べ、共同開発の具体化に向け、条約締結交渉の早期開始を求めた。これに対し、胡主席は「日中間で接触を保持し、環境作りを行うよう希望する」と述べただけだった。

 首相は北朝鮮の核問題に関する6カ国協議の早期再開に向けて協力を要請。胡主席は「関係国と努力し、早期復帰の実現を目指したい」と応じた。

 また、首相は中国製ギョーザ中毒事件での容疑者逮捕を受け、真相解明を求め、「食の安全」に関する新たな枠組みを早急に構築することで合意した。

【関連記事】
邦人死刑、「抗議」控える政府 米で遺憾の意表明へ
首脳会談先送り 国益を損なう異常事態だ
鳩山首相「邦夫議員とは一切連絡とっていない」
中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府
中国で死刑の1人、福岡の強盗容疑で手配中
外国人地方参政権問題に一石

小沢氏辞任要求の連合静岡会長に厳重注意(読売新聞)
高松塚古墳 飛鳥美人など一般公開 文化庁、希望者募集(毎日新聞)
<富士通>野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
<放火>銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形(毎日新聞)
下地氏から首相に琉球の書 普天間決断促す(産経新聞)
AD