さいたま市南区や埼玉県川口市で若い女性の顔を狙い、自分のふん尿をかけたとして、県警捜査1課と浦和署などは18日、さいたま市南区辻、運送会社員阿部和弘容疑者(31)を暴行と器物損壊の疑いで再逮捕した。

 「さいたま市や蕨市で、ほかにも30件近くやった」と供述しているといい、県警は裏付け捜査を進める。

 発表によると、阿部容疑者は1月23日~2月9日、さいたま市南区と川口市芝富士の路上などで、歩いて帰宅していた20~30歳代の女性3人の顔や衣服に、自分のふん尿をかき混ぜた液体をかけた疑い。阿部容疑者は「仕事のストレスがたまっていた。好みのタイプの女性に大小便をかけると、スッキリした」と容疑を認めているという。

 阿部容疑者は午後7時~深夜にかけ、公園のトイレで用を足したり、わざと嘔吐(おうと)したりして、紙コップに液体を準備。住宅街などで女性を探し、顔をめがけてふん尿をかけて逃走していたという。県警が犯人の似顔絵や不審者情報を分析するなどし、阿部容疑者が浮上。阿部容疑者は、若い女性を狙った別の強制わいせつと窃盗の疑いで2月26日に逮捕され、3月18日付で処分保留で釈放されていた。

将棋 王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利(毎日新聞)
桜開花 東京・日比谷公園でソメイヨシノ咲く(毎日新聞)
<交通事故>重体の小3男児も死亡 名古屋・正面衝突(毎日新聞)
京都-門真 第二京阪が全線開通(産経新聞)
インフルエンザ予防にビタミンDが効果的 魚やキノコ (産経新聞)
AD