4月に公表された前原国交相の高速道路新料金案の審議が遅々として進まない。

国土交通委員会の理事の間に前原案に対する異論があることだけが原因ではない。普天間基地移転や政治とカネの問題が本会議で紛糾し、委員会日程が玉突きで遅れていくためだ。何より小沢幹事長自身が、前原案の見直しを迫っている。

17日の定例会見で、その小沢氏が高速道路新料金について、こう語った。

「私は国民に約束した方針に従って、一歩でも二歩でも前進するのが、政治のあり方だと思っています」

小沢氏の「国民に約束した方針」とは、言うまでもなく「高速道路の無料化」という民主党がマニフェストで掲げた重点項目である。さらに小沢氏は言う。

「約束したことを一朝にして、100%実現できるわけではありませんけど、あくまでもその約束を実現するという努力が尊いことではないでしょうか」

自らの案を「見直しをするつもりはない」と断言する前原国交相。高速道路料金をいくらに設定するかは国会が決めることではないが、国会審議の参考に公表したとする一方で「1日でも早くご審議を頂き、その議論を踏まえて、国土交通省で決める」と、繰り返し発言している。

前原氏は、首都高速や阪神高速を除き、高速道路を原則無料化すると言い続けている。その途上にあって、すでに「実質値上げ」という批判が身内から噴出する。小沢流に言えばその実現にむけた努力が、まだまだ足りないということか。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金】民主議連が見直し求める---トラック実質値上げ
【高速道路新料金】前原君の行動や発言には関心も興味もない
谷亮子、トヨタを退社し民主党から参院選へ
高速道路 新料金 特別編集
民主党 特別編集

「国民いらだち」支持率20%割れ調査で首相(読売新聞)
<水上温泉>若おかみ候補「おいでちゃん」 旅館組合がイメージキャラクター製作(毎日新聞)
壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)
医療機関に製品事故の調査員を配置へ-消費者庁(医療介護CBニュース)
計1億6500万円詐取か=振り込めグループ5人逮捕―携帯サイト利用・警視庁(時事通信)
AD