民主党の小沢一郎幹事長は30日午後、長野市で記者会見し、夏の参院選長野選挙区(改選数2)の2人目の候補として、県議の高島陽子氏(41)を擁立すると発表した。同党長野県連は、既に公認された現職の北沢俊美防衛相の当選を優先するため、改選2議席以上の選挙区に複数を擁立するとの小沢氏の方針には反対。しかし、同氏は県連の頭越しに2人目を決定した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

政府案「数日のずれも」=普天間移設で首相(時事通信)
視聴率 NHK「ゲゲゲの女房」歴代最低(毎日新聞)
学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
協力しないなら「内閣去れ」=市町村への権限移譲で-原口総務相(時事通信)
事務いすで“力走” 京都でユニークな耐久レース(産経新聞)
AD