医療関連コンサルティング業や医療モール運営の「メディカル・ハイネット」(東京都千代田区、小磯一義代表)が、自己破産申請する方向で事後処理を弁護士に一任していたことが4月6日までに分かった。帝国データバンクによると、負債総額は昨年2月期末時点で約15億3700万円。同社は一部の事業を譲渡する予定で、営業は現在も継続している。

 帝国データなどによると、同社は2002年3月の設立。東京本社のほか、大阪、札幌、名古屋、金沢、福岡と全国各地に事業所を置き、医療関連の人材紹介やコンサルティング業に加え、近年は都内と札幌市に医療モール「ドクトルズ」を運営するなど事業を拡大。昨年2月期には約14億5900万円の年収入高を上げ、今年も大型医療モールの開業を予定していた。
 しかし、開業に伴う先行投資負担や支店の設備投資などで借入金が膨らみ、3期連続で赤字決算となっていた。3月8日には、創業者の前社長が健康上の問題などを理由に代表を辞任していた。


【関連記事】
歯科治療用機器販売会社が破産申請―東京
医療法人社団文寿会に保全管理命令―東京地裁
さいたま市の岩槻脳神経外科病院が休止届
介護報酬不正請求で宮城県が2事業所に行政処分
介護サービスの選定支援制度、調査機関に全国初の行政処分―静岡県

<出資法違反容疑>石油輸入販社役員らを逮捕 広島県警など(毎日新聞)
高杉晋作記念館、遺品展示できず…ひ孫が断る(読売新聞)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)
社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会(医療介護CBニュース)
AD