自民党の山崎拓・前副総裁(73)は28日、東京都内で開かれた山崎派の総会で「国政復帰を目指す気持ちには全く変わりない。政界を引退する意思はない」と述べた。しかし、谷垣総裁が同日、夏の参院比例選で山崎氏らを公認しないと決めたことで、国政復帰は困難な情勢となった。

 山崎氏は総会で、公認問題について「(山崎派の)党執行部各位に調整をゆだねてきた。最終結論はまだ出ていない」との認識を示した。党の結論を待って対応を決める、としている。

 ただ、関係者によると、山崎氏は山崎派会長としての政治活動は続ける一方、参院選への立候補は断念する意向を周囲に伝えているという。地盤の衆院福岡2区からは今後、立候補しないとも述べており、関係者の間では「参院選出馬が最後のチャンスだった。国政復帰はなくなった」との見方が広がっている。

独製ベビーカーでも指挟む恐れ、カバー配布(読売新聞)
鳩山首相、人権侵害救済法案の早期提出表明 言論統制の危険性も(産経新聞)
秋葉原無差別殺傷初公判 遺族「なぜ事件起こしたのか」(産経新聞)
女を殺人容疑で再逮捕 連続不審死で埼玉県警 (産経新聞)
早朝の東海道新幹線、一時運転見合わせ(読売新聞)
AD