先ほど行ってきました、新限定をリリース開始した「麺屋庄太 本店」へ。

 

今日はタイミングが合ったのでご近所のこのお方と一緒に開店前に店へ。

 

駐車場に停めると、大雨に!

 

今日、雨だったのね・・・

 

開店10分前の10:50頃の到着で前6だったと思います。

 

 

後ろにも並びが続々と出来て開店と同時に満席。

 

新限定はこちら!

 

 

アジの干物と焼きアジの細つけ麺 ~ローストブランの香り~・中盛(1000円)を。

 

おっと、今回は何やらシャレオツな名前ですねw

 

厨房はお馴染みの津久井浜メンバー、安定安心のキレキレオペレーション。

 

程なくして着丼。

 

 

アジの干物と焼きアジの細つけ麺 ~ローストブランの香り~ 中盛(1000円)

 

メニュー名のとおり、見た目がオシャレですね!

 

つけ汁はその名のとおり鯵の干物と焼き鯵で取った魚介出汁がベース。

 

 

日本人には馴染み深い魚である鯵を今回は使用。

 

朝食なんかで出てくると堪りませんね、その鯵が今回はつけ汁に!

 

この発想だけでも遊び心というか、他のラーメン店があまりやらないことなのでは?

 

ただ発想だけが面白いだけではなく、味がしっかり付いてくるのが麺屋庄太。

 

火入れしていない醤油ダレを最初にスプレーで投入、そのあとにもう1種類の醤油ダレを投入し、バーナーで炙りを。

 

恐らくそうすることで醤油の旨味、香ばしさやコクの出し方に影響するのでしょうね。

 

相変わらず手が込んでいます。

 

鯵と醤油、間違いなく相性がいいのは言うまでもなく、うまいですね!

 

 

麺は今回の限定用に細ストレート麺を用意。

 

その色味からも分かるとおり、ローストブラン(外皮)をブレンドした麺は香りがとてもよく、風味がしっかりしています。

 

 

ザラつきのある感じではなく、啜り心地を重視し、ズバズバっと豪快に食べられる麺で啜った時に鼻に抜ける香りがとてもいいですね。

 

かなり長めに切り出しているので若干食べづらいですがw

 

シンプルに麺のうまさを味わえる構成で段々自家製麺を重視した作りになっているのも最近の麺屋庄太 本店の傾向w

 

あまりにも製麺が楽しく遂に製麺機と一体化することに成功した男。

 

 

今後も楽しませてくれることでしょうw

 

話は飛びましたが、今回のトッピングはこのような感じ。

 

 

低温調理のチャーシューにローストトマトに芽ネギ。

 

段々見た目が秋葉原の名店 饗くろ㐂っぽくなってきたようなw

 

ローストトマトの酸味と香ばしさはそのまま食べてもうまいのはもちろんですが、つけ汁とも相性抜群で激ウマ!

 

オーブンがないのでフライパンで作るようでなかなか大変とのことですw

 

低温調理のチャーシューは、新しく調理機器を導入したようで、それを使用することでブレのない仕上がりになるようでしっとりと柔らかく、味つけもしっかりしていて激ウマ!

 

よくあるほんとに火入ってるの?っていう危ないやつじゃないので安心して食べられます。

 

いやいや今回の限定も激ウマで大満足。

 

アジの干物と焼きアジの細つけ麺 ~ローストブランの香り~は絶賛発売中。

 

気になる方は是非。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:アジの干物と焼きアジの細つけ麺 ~ローストブランの香り~ 94点

 

AD