かなり前のことですが、2012年11月オープンの「ラーメンの店 どでん」へ。

 

こちらは富士丸 北浦和店が屋号を変えて独立した店。

 

今回で2回目の訪問となります。

 

今では、つけ麺どでん、どでん大宮店と徐々に勢力を伸ばしつつあるガッツリ系の1大勢力。

 

当日は19:10頃の到着で店内4と空いていましたが、私が帰る頃には外待ちが出来ていました。

 

 

店の場所は北浦和駅が最寄り駅とのことですが、駅からの距離は約2.5キロとかなり遠く、車で行くのが無難でしょう。

 

周りは浦和というイメージからは想像もつかないような少し寂しいエリア。

 

車の通りこそ少なくないものの、なんでこんな所に?っていう場所ですね。

 

駐車場が歩いて2、3分の場所にありますが、初の人には分かりにくいかもしれませんね。

 

周りにコインパなどもないような感じなので駐車場の場所はしっかり押さえた方がよさそうです。

 

そんなこんなで券売機で食券を。

 

 

前回ラーメンを食べたので今回は気になっていた油そばにしようかなと思っていましたが、前回食べたラーメンがかなりうまかったので迷いに迷って結局今回もラーメン(750円)を。

 

あとはやはり富士丸イズムを受け継ぐ店ということで、ここは「並べないと」と、思って味ネギ(100円)を。

 

今思うともっと食券買って豪華にすればよかったですw

 

富士丸やどでんの嬉しいところはおしぼりがあること。

 

 

この系統を食べるときはあまりスープを飲む感覚ではないのでレンゲは使わないことが多いのですが、なんとなくこのセッティングが落ち着くのです。

 

 

無料のトッピングはニンニク、やさい、あぶらの定番の3種類。

 

しばらくして店員さんより呼びかけあり、ニンニク、やさい、あぶらをコールして着丼。

 

 

ラーメン ニンニク やさい あぶら(750円)

味ネギ(100円)

 

着丼した瞬間に「やってしまった!」と思いましたw

 

当日は実は4食目、なぜ私は野菜を増してしまったのか爆

 

最近は普段二郎系を食べる時も1食でも野菜増しをしないのに、なんとなく頼んでしまいましたが、なかなかやられるルックスです。

 

 

富士丸と違う部分はクタ野菜の富士丸に対してどでんは野菜は結構シャキっとした感じが残っています。

 

標高は野菜コールありでなかなかなもの、最初はほぼ野菜のみを減らす作業になります。

 

そしてこれが野猿ほどではありませんが、いかんせん食べづらい!w

 

 

野菜を半分ほど食べ終えたところでようやく、スープを見ることができます。

 

スープはド乳化の濃厚豚スープ。

 

醤油ダレも結構強めで濃厚でパワフルな味わいでうまいですね!

 

このくらい濃厚なスープだとシャキシャキ野菜なのも頷けます。

 

富士丸 北浦和を食べないまま、どでんに変わってしまったので富士丸時代を知らないのですが、当時もこのくらい乳化スープだったんですかね?

 

他の富士丸は全店食べましたが、スープはどの店舗も乳化していなかったので結構異端な感じがします。

 

 

麺は自家製のゴワゴワした固めの食感のもの。

 

蓮爾ほどではないものの、これはなかなか存在感のある麺ですね。

 

醤油ダレも割と強めなのでしっかりスープを吸っていい感じです、うまいですね!

 

 

豚は今回は流石に増さなかったので量こそ普通ですが、しっかり美味しい豚で食べごたえもあって言うことなし。

 

 

途中で別皿のあぶらを油そばのようにして食べたり、色々な食べ方が出来るのもこの店の楽しみなところ。

 

 

一緒に頼んだ味ネギとあぶらを絡めてさらに麺も絡めて食べると激ウマです。

 

 

卓上は油そば用とも思えますが、結構味変グッズが豊富にあるので後半はブラックペッパーやラー油を加えて食べてみましたが、それもよかったです。

 

ブログを書いていると食べたくなってきてしまったので、また近々行ってみたいと思います。

 

大宮店が未食なので気になるのでそちらに行きたいですね。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:ラーメン ニンニク やさい あぶら 味ネギ 86点

 

AD