麺 みつヰ@浅草

2016年12月オープンの「麺 みつヰ」へ。

 

こちらは都内を代表する名店 七彩出身

 

最近、七彩出身は増殖しつつありますが、間違いないのも七彩。

 

オープンしてすぐにはあまり行かなくなりましたが、5ヶ月くらい経っているので色々落ち着いたかなと思い今回は訪問。

 

丁度12時頃に到着すると店内満席、前2でした。

 

 

写真は退店時、店内が広くないのと作業もゆっくりめで2杯ずつくらいのロットなので回転はやや遅めです。

 

それでもこの目立たない立地にこの並び、しっかり認知されてきている様子でした。

 

店主は失礼ながら思ったより年配?で奥様と2人で営業。

 

土地柄か、お客さんも年配の夫婦などが多く、ラーメンの前にビール(ヱビス)を飲んでいる方なども多く、雰囲気がいいですね。

 

注文は券売機ではなく口頭注文。

 

 

シンプルに醤油、塩の構成。

 

麺は細麺か中太てもみ麺から選ぶことが出来てどちらも自家製。

 

替玉に味付けをしてある、おろしそば、サイドメニューには自家製ソースのカツ丼があったりと個性もあります。

 

私は醤油・手もみ麺(750円)、自家製ソースのカツ丼(350円)を。

 

 

醤油・中太手もみ麺(750円)

 

 

食べる前から絶対間違いないやつの登場。

 

スープは鶏と魚介をバランスよく感じられる醤油清湯スープ。

 

 

味はこちらも場所に合わせてなのか、穏やかで醤油ダレもやんわりですが、逆に出汁の味をしっかりと味わえるのでいいですね。

 

最近は醤油バーン!なスープよりもこういうバランス感のあるスープが好きです。

 

スープを飲み干すまでを計算したかのような飲むごとに味わいが変化していくスープでうまいですね!

 

 

麺は自家製の手もみを加えた麺。

 

修行元の七彩が結構柔らかめなのに対して、こちらはかなりゴワゴワした麺で固め。

 

その分、存在感が際立ちますが、この麺も実にうまいですね!

 

ただ七彩だと大盛りにしても柔らかい分、そんなにバランスが崩れないように感じるけど、このゴワゴワした麺だと大盛りにするとスープがかなり優しいのでバランスが崩れそうです。

 

チャーシューは2種類、どちらも美味しくチャーシュー増しにしてもいいくらい。

 

ジュワっとスープが口の中に広がるジューシーなメンマやシャキッとした食感を残した蓮根もいいアクセント。

 

 

自家製ソースのカツ丼(350円)

 

こちらは自家製ソースをかけたミニカツ丼。

 

ソースは野菜の旨みを感じられるもので柔らかい酸味が注文毎に揚げられるサクサクの衣のカツによく合います。

 

揚げたてなのでかなり熱々、肉質は350円なので値段に見合った質ですが十分美味しいです。

 

お米自体も美味しく、上品なカツ丼でした。

 

全体的にラーメンもサイドも雰囲気も丁寧さが光っていてかなり好印象。

 

それでも私は七彩が好きなので七彩に行ってしまい勝ちかもですが、次は塩、そしておろしそばを食べてみたいですね。

 

ごちそうさまでした。

 

得点:醤油・手もみ麺 85点、自家製ソースのカツ丼 82点

 

東京都台東区西浅草2-10-4
AD