モーターショー・コンパニオンとレースクイーン画像情報RQ

東京モーターショー・コンパニオン画像やRQ レースクイーン画像や動画や壁紙の情報など


テーマ:


S-Klasse Meisterstuck auf Radern

メルセデスベンツのクラス最高峰としての走行性、快適性、安全性を実現させたSクラスの最新テクノロジーを解説。

坂道発進時の後退を防止するアダプティブブレーキ。

ステアリングを切る角度と車速に応じて、進行方向に照射するアクティブライトシステム。

夜間走行時の障害物などを赤外線でとらえて映像化するナイトビューアシストシステム。

まるでオーケストラーを目の前で聞いているかのようなサウンドシステム。

着座ポジションの自動調整など、カタログに掲載されている内容を写真やイラストと共により詳しく解説。

運転する上で関係するあらゆる部分で最新のテクノロジーが導入されており、外観からは想像できない技術革新を知ることができる。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
大友さゆり DVD「FILE 13~私の取説~」9月30日発売予定
大友さゆり DVD「FILE 13~私の取説~」9月30日発売予定

業界最小身長・150cmのレースクイーン、大友さゆりちゃんの最新イメージDVD!
イノセントな笑顔で、圧倒的な存在感を持つ彼女の新たな魅力が楽しめる1枚。

大友 さゆり プロフィール
生年月日:1987年8月19日
出身地:愛知県
血液型:
サイズ:T150 B82 W56 H82 S22.5
趣味:体が柔らかいこと
特技:カラオケ・お菓子作り

大友 さゆり レースクイーン壁紙(無料)

大友 さゆり レースクイーンギャラリー

大友さゆりblog
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



Porsche Speedster TYP 540
Quintessential Sports Car


ポルシェは1954~59年の5年間にスピードスターとその後継車コンバーチブルDを生産したが、その数はそれぞれ4,154台と1,330台だけだった。

だがこのスピードスターこそ、自動車市場でポルシェの名を認知させたモデルである。

本書は、このポルシェ真髄モデルを知るために、あらゆる角度から考証を試みる。

豊富な写真のなかには、美しい車体そのもののほかに、開発当時やモーターショーでの様子、そしてスピードスターを愛した有名人たちの貴重なショットも含まれている。

そのほか、当時の図面や広告、開発の際に交わされた秘蔵のタイプ文書、車両点検表など、掲載資料はバラエティに富んでいる。TYP540の世界的権威6人の著者が紡ぎ出した、決定版と呼ぶにふさわしい1冊だ。



【目次】
謝辞
記憶の中に(本書に貢献したポルシェエンスージァスト、故Olaf Langへ)
まえがき

序文 激動の時代とその世代のためのクルマ:Owen Edwards著
(「旧き良き時代」についての考証)
1.始まりの頃:Charles A. Stoddard著
(アメリカロードスターとしてのスタート)
2.プロトタイプと開発:スピードスターの最初の200台:Don Zingg著
(TYP540の問題を解決しながら市販車に至るまで)
3.市販車スピードスターの革新:Don Zingg著
(3年間のうちで改良しながらますます市場で話題となる)
第4章 カレラ・スピードスター:Marco Marinello著
(547エンジンが生まれ、カレラが登場する)
第5章 広告と印刷物:Jim Perrin著
(衆目を集めるために重要な役割を果たした印刷物)
6.レースでのスピードスター:Marco Marinello著
(ジュネーブ、パリ、フランクフルトなど世界での活躍)
7.綺羅星とポーズを取るセレブリティ:Lee Raskin著
(J・ディーン、カラヤン、マックイーンなどとスポーツスター)
8.未回答の問いに答える:Steve Heinrich著
(人々が抱く様々な疑問への回答を試みる)

補足
1 スポーツロードスター
2 ポルシェスピードスターおよびコンバーチブルDの生産データ
3 1954~55年スピードスターのカラーコンビネーション
4 50年代に行われたポルシェ関係のイベントおよび記念碑的出来事
参考文献一覧
著者紹介

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



Speedster 50th Anniversary Celebration of an Icon

2004年、ポルシェの生んだスピードスターは誕生から50周年を迎えた。

これを祝うため、カリフォルニア州のモントレーで盛大なバースデイパーティイベントが開催された。

海辺の静かな田舎町には、世界中からの参加者が、そしてたくさんのポルシェたちがぞくぞくと集う。

数えきれないほどのスピードスター、さらにポルシェの名が初めて冠された356-001、後継車コンバーチブルDも展示され、人々は熱心にそれらを眺めて歩き、賞賛の気持ちを語り合った。

本書は、3日間に及んだこのイベントの模様をライブ感にあふれる写真と共に綴っている。時代を超えてなお美しいポルシェの傑作、スピードスターの歴史を振り返りつつ、それをいとおしみながら乗り続ける人々の生き生きとした姿も伝えている。



【目次】
一生に一度
 種族の集い(数日前のイギリスでのイベントに続き、カリフォルニアに集う)
 非凡なもの(パスカルの言葉から、「喜ばしき物」を愛することについて)
 普通ではないホイール(何がポルシェスピードスターの魅力なのか)
 理屈に合ったクルマ(モントレーを訪れたポルシェたちは…)
 美しい景色に轟音を響かせながら(1955年のレースを振り返る)
 さぁ、位置について!(モントレーに集ったポルシェを観察)
 用意、(イベントを前に世界から続々と詰めかける人々とその愛車たち)
 どん!(50周年イベント用のパスポートを開くとレースコースレイアウトの図が…)
 走れ走れ(デル・モンテフォレストとラグナセカで)
 夢の力で満たされた場(芝生を彩る数々のスピードスターたち)

パーティ前夜
カーメルのBernarudus ロッジにて(運び込まれる美しいスピードスターの姿を追う)

第1日目
 ハイアットリージェンシーホテルの受付(ホテル前に作られた行列の壮観)
 走り回って(「スピードスター+美しい景観+チャレンジの多いドライブ」が生む光景)
 ペブルビーチでディナー(正装する人々と闇の中に休息を取るマシンたちの姿)

第2日目
 ペブルビーチでのレース(1920年代からレースの伝統を持つモントレーで競う)
 ラグナセカでのレース(ペブルビーチの後を継いだラグナセカでレースを開催)
 Quailロッジ(数々のカーショーを見てきたロッジも、特別な日を楽しむ)

イベントスポンサーとオークション協力者
写真クレジット
著者陣紹介

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


The Engine : Ferrari 365GT/4BB
フェラーリパワートレーン全部品全分解撮影写真集

自動車評論家福野礼一郎と写真家小川義文のコラボレーションによるフェラーリ365GT/4BBパワートレーンのすべて。

ボルト1本ワッシャー1枚の描写にまで迫るファン驚愕の写真集。前半の約60ページは写真家小川義文があらゆる角度から同じパワートレーンを官能的にとらえた作品集。

クランクケースやトランスアクスルケースのアルミ砂型鋳物の息を飲む輝き、切削加工し窒化処理された機械加工パーツの精緻な質感、亜鉛クロメート、ユニクロ、リン酸塩処理、陽極電解などの表面処理が与える微妙な色合い。

最新最高のデジタル撮影機材を駆使した表現力は、さながらパーツを手にとって眺めているかのような臨場感をもたらす。

足かけ1年におよぶれストア工程を追った執念の細部描写、見る者を圧倒せずにはおかない。



後半約60ページは、パワートレーン構成部品を機能部位ごとに並べた、いわばフェラーリエンジン図鑑。

解説は全パーツのDIYレストアを敢行した福野礼一郎。単にメカ解説に留まらず本エンジンの持つ設計的問題点、当時のフェラーリの設計思想にまで鋭く切り込みます。

すべての解説には元(株)DCJの佐分利一による完全英訳を併記。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。