【瀋陽=大木聖馬】中国の公安当局が22日までに、遼寧省瀋陽市の空港から日本へ覚せい剤約1キロ・グラムを密輸しようとした東京在住の日本人の男(28)を逮捕していたことがわかった。日中関係筋が明らかにした。

 同筋によると、男は2月7日、瀋陽桃仙国際空港から成田空港に向かう飛行機内に、覚せい剤約1キロを茶筒に入れて持ち込もうとした疑いが持たれている。

 空港の税関職員がエックス線検査で不審物を発見して男性を拘束し、純度約70%の覚せい剤であることを突き止めた。公安当局が今月16日、麻薬密輸容疑で正式逮捕したという。

参政権法案、提出断念へ(産経新聞)
事業認定取り消し請求を棄却=静岡空港訴訟で反対派敗訴-静岡地裁(時事通信)
東大男子「性体験無し45%」 この数字「思った通り」なのか(J-CASTニュース)
政府答弁書、自衛隊のイラク派遣は合憲(産経新聞)
普天間の県外移設案検討も示唆 官房長官(産経新聞)
AD