床下が水漏れしているとうそを言い必要のない工事で現金をだまし取ったとして、埼玉県警は19日、さいたま市西区三橋6、リフォーム会社「誠光ホーム」社長、大竹誠容疑者(36)を詐欺容疑で逮捕した。同社は首都圏の高齢者を中心に千数百人から工事を請け負っており、被害総額は3億円を超えるとみられる。

 捜査幹部によると、同社は06年ごろから09年にかけて、床下に換気扇を設置している家を狙い「漏電しているかもしれない。換気扇を無料点検する」と説明。床下に潜り込み、持ってきたペットボトルの水を自らかぶり「水道管にひびが入っている。直さないと家が傾く」とうそを言い、修理代と称して1軒あたり数万から数十万円をだましとっていた疑いがあるという。

 逮捕容疑は08年、県内の男性からこうした手口で現金数万円を詐取したとされる。

 同社は06年4月に設立された。県警は09年10月に家宅捜索、これまでに社員6人が詐欺罪で起訴されている。現在は休業中。【町田結子、平川昌範】

【関連ニュース】
詐欺:うその説明で教材高額で販売 4人を容疑で逮捕
詐欺未遂:容疑で中学教師逮捕 他人の運転免許証不正使用
振り込め詐欺:組織の「キング」に賠償命令 被害64人分
詐欺容疑:養老保険金を詐取、元郵便局員を逮捕 警視庁
詐欺:近鉄子会社の元社員が10億円を詐取 容疑で逮捕

医療・介護連携テーマに6月にセミナー(医療介護CBニュース)
口蹄疫 足りない埋却地、学校敷地を検討(産経新聞)
<鍛冶屋>伝統守る現役3代 愛知・豊田の山間部で活躍(毎日新聞)
園児の習い事、40代ママは教育熱心!?(産経新聞)
<プラネタリウム>満天の…幾何学模様 世界最大、名古屋市科学館で工事中(毎日新聞)
AD