日本原子力産業協会は14日までに、今年初めの時点で、世界で建設中の原子力発電所が15カ国・地域の66基(計6513万キロワット=kW)と、昨年から14基(計1738万kW)も増えたとの調査結果を発表した。世界で運転中の原子力発電所は432基(計3億8915万kW)で、昨年と変わらなかった。
 建設中の原発は、特に中国が多く、26基(計2944万kW)と、昨年に比べ倍増。続いてロシアが10基(計838万kW)、韓国とインドがともに6基(韓国は計680万kW、インドは計316万kW)だった。世界の原発建設計画も、8基増の74基(計7460万kW)となった。 

【関連ニュース】
大学入試センター、民営化を検討=研究開発独法は整理統合
原発推進の利点強調=新政権初の原子力白書
インフラ輸出に意欲=3日の日中財務対話で
ずさん定検で運転停止へ=島根原発、100超点検漏れ-30年以上未点検個所も?
放射性物質の分析装置に焦げ跡=環境、人体に影響なし

<長妻厚生労働相>子ども手当の「バラマキ」批判にピリピリ(毎日新聞)
時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定(産経新聞)
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで(産経新聞)
高齢ドライバーらの専用駐車区間、19日から導入(医療介護CBニュース)
混合診療解禁などで意見交換-民主党国民生活研究会総会(医療介護CBニュース)
AD