自民党の大島理森幹事長は29日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の移設問題をめぐり、3月中に政府案をまとめると言及していた鳩山由紀夫首相が「今月中じゃなきゃならないとは、別に法的に決まっているわけでない」と発言したことについて、「イロハのイも言葉の重さをわきまえておらず、『(それでも)政治家ですか』といわざるをえない。(首相を)お辞めになった方がいいのでないか」と批判した。

【関連記事】
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談 米側は海兵隊の重要性を強調
「県外移設」固執の甘さ 期限目前に“閣”分裂
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」
大丈夫? 鳩山首相「新たなスタート」直後のバカンス
「ヘリ部隊2カ所程度に分散を」普天間移設で防衛相

こんな時期に?首相、夫人とプライベート旅行(読売新聞)
自転車違反警告水増し、埼玉県警巡査2人処分(読売新聞)
時効まで1年、犯人捜す父のビラ配布20万枚(読売新聞)
【葬送】川上隆久氏(産経新聞)
<掘り出しニュース>建築廃材使いサッカーボール(毎日新聞)
AD