ソリッド&ミニマムなデザインで定評のある独立系プロダクトメーカー・バルミューダデザインから、まったく新しいコンセプトの扇風機が登場した。その名は「GreenFan」。従来の扇風機に比べて「風の質そのものを進化させた」という驚きのイノベーションが秘められているのだ。

【写真:従来型扇風機と「GreenFan」で発生する風の比較】

 現在の扇風機やサーキュレーターの起源は、19世紀末にさかのぼるという。驚くべきことに、その当時からほとんど技術革新が行われないまま、今日にいたっているという事実だ。それは登場した当初からほぼ完成形に近いものだったともいえるし、その後のエアコンの登場によって、あまり脚光を浴びることのない製品ジャンルだったからともいえる。

 では、従来の扇風機のどこに問題があるのか? それは、長時間あたり続けることのできない「強すぎる風」ということになる。「強すぎる風」を調べていくと、それは1枚1枚の羽根で切り取られた空気の固まりだということに行き着く。そこで、この「GreenFan」では、1枚のファンから風量の異なる2種類の風を発生させ、空気を優しく拡散させていくことに成功した。

 実際にその風にあたってみると、まさに「そよ風」という表現がぴったり。ずっとあたっていたくなるような風で、おそらく夏場はエアコンをつけずに過ごすことができるのではと感じる。もちろん、エアコンの補助的サーキュレーターとしても活用可能。サーキュレーターモードにすると、8メートル先まできちんと風が届く。

 「Greenfan」の心臓部には、DCブラシレスデジタルモーターが採用されている。デジタル制御のこのモーターによって、最弱運転時のファンスピードは従来の扇風機の半分以下の回転数に設定されている。その低い回転数と独自の14枚の羽根の組み合わせによって、そよ風の再現が可能となったわけだ。

 さらにユーザーにとって嬉しいのは、驚くほど低い消費電力。従来の扇風機の消費電力30ワットに対して、「GreenFan」の運転時の消費電力は4ワット(風量調整の一番小さい段階の場合)。その差は歴然としている。また、ヘッド上部に設置されたシンプルな操作面、マグネットで簡単に取り外し可能のガード面など、細かな気配りがされた美しいデザインはユーザーのニーズ、扇風機が使われるシーンをとことん追求した結果によるものだと感じた。【草野恵子,エキサイトイズム】

●Greenfan
本体寸法:330×320×867/467ミリ(幅×奥行き×高さ(フロア用/卓上用))
製品重量:3.8キロ
動作電力:AC100V 50/60Hz(ACアダプター付属)
消費電力:4~20ワット
コード長さ:2メートル
カラー:ホワイト
風量調整:4段階
切タイマー機能:1・2・3・4時間
左右首振り:ON/OFF機能

Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【関連記事】
iPad発売レポート、Apple Store Ginza
フォルクスワーゲン、ジウジアーロ社を買収
新エンジンのポロ1.2 TSI、開発者が語る未来への挑戦

現地で結婚式も フィリピン女性と偽装結婚仲介 パブ経営者逮捕(産経新聞)
小惑星へ2度の“着陸”(産経新聞)
「痛みがひどい殺してくれと…」妻絞殺の夫逮捕(産経新聞)
28歳の男女に聞く、異性に対し“イラッ”とくること(Business Media 誠)
伸び悩むW杯観戦ツアー=治安悪さや日本代表不振で―サッカー(時事通信)
AD