夫などからの暴力(ドメスティックバイオレンス=DV)をめぐって殺人に発展する事件が相次いで発生したことを受け、警察庁は17日までに、「被害届が提出されない場合でも加害者の逮捕を検討する」などとした指針をまとめ、各都道府県警に通達することを決めた。
 DVをめぐっては被害届提出など積極的な意思表示がなければ、警察がトラブルに介入しにくいのが現状。
 同庁は警察に相談しながらも、ちゅうちょして被害届を出さず、深刻な事件に発展するケースがあることを踏まえ、これまでより踏み込んだ対応方針を打ち出す。
 ただ、加害者が逆上して問題が悪化することも想定され、逮捕する際は必要性などを慎重に検討するよう併せて求めるという。
 同庁はこのほか、DV相談への適切な対応策として、確実な避難措置に万全を期すため関係機関との連携強化を指示。被害者に自衛措置や避難の重要性を理解させるとともに、加害者に対し暴力についての自覚を促すことなども求める。 

【関連ニュース】
両親海外、子が寮は不支給=子ども手当、家庭環境で左右

強風 東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)
ネットの国会審議視聴が昨年過去最高 政権交代で関心高まる(産経新聞)
「たちあがれ日本」結党の顛末は今夕の会見で(レスポンス)
関西情報誌無くなる!? 「1週間」「エルマガ」「ハナコ」休刊(産経新聞)
子宮頸がんワクチン 国の費用負担求める声(産経新聞)
AD