茨城県高萩市内のスーパーで食料品などを万引したとして窃盗容疑で逮捕された男女の乗用車から1歳くらいの男児の遺体が発見された事件で、茨城県警高萩署は7日、司法解剖した結果、外因死の疑いがあると発表した。同署では男児が死亡した経緯や時期を調べている。

 同署によると、男児は病死や餓死の可能性は低く、外部からの力が加わったか環境の変化で死亡したとみられる。

 逮捕されたのは、福島県いわき市出身で住所不定、無職、浅沼喜美容疑者(42)と妻、真由美容疑者(37)。2人は昨年末から車内での生活を続けていたとみられ、普通乗用車の後部座席から男児の遺体が見つかった。

 これまでの調べによると、男児の遺体は死後数週間経っていたとみられる。2人といっしょにいた2歳の女児は保護されている。

 真由美容疑者は男児の遺体について「かわいい子供。捨てられなかった」などと供述、同署は保護責任者遺棄致死容疑などを視野に捜査を進めている。

【関連記事】
万引容疑で逮捕の夫婦、車に男児遺体 茨城
「赤ちゃんポスト」子供51人、76%は親が判明
死体遺棄罪で母親を起訴 プランターから乳児遺体
息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待
西淀川の2乳児遺体、男児は出産時生存か
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<雑記帳>「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)
百万円不正請求で訪問介護事業所指定取り消し―奈良(医療介護CBニュース)
若手外科医スキルアップ 手術あと目立ちにくい縫合術競う(産経新聞)
長野の一家遺体遺棄、4人を強殺容疑で再逮捕へ(読売新聞)
ピカソ絵画、100億円で落札…美術品史上最高(読売新聞)
AD