17歳の少女に現金を渡し、ホテルでわいせつな行為をしたとして、警視庁三鷹署は26日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、山梨県忍野村住民課係長志村直哉容疑者(43)=同県富士河口湖町船津=を逮捕した。
 同署によると、容疑を認め、「若い子に興味があり、これまで数人に同様の行為をした」と供述しているという。
 逮捕容疑は2月9日夜、東京都江戸川区のホテルで、18歳未満と知りながら、都内に住む高校3年で17歳だった女子生徒に現金4万5000円を渡し、わいせつな行為をした疑い。
 同署によると、生徒とは携帯電話の出会い系サイトで知り合い、JR総武線平井駅前で待ち合わせた。
 同村によると、事件当日、志村容疑者は出勤していたが、退庁時刻の1時間前に早退したという。 

【関連ニュース】
児童ポルノ販売容疑、男女5人逮捕=DVD8万枚を押収
支援制度、9割が「事前に知らず」=認知度向上が課題
風俗事件、3年連続減=パチンコ、マージャン店は最少
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う
わいせつ容疑の男に起訴相当=検察審が議決、本人は帰国

大にぎわいスカイツリー、親切にトイレマップ(読売新聞)
名古屋市議会 恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)
極彩色、創建時の鳳凰堂内部をCGで再現(読売新聞)
紹介男性は女自演の「組員」…「迷惑料」詐取容疑(読売新聞)
来月15日に日中韓外相会談(産経新聞)
AD