菅直人副総理兼財務相は12日、東京都内の日本外国特派員協会で講演し、「増税しても、使う道を間違わなければ(お金が循環して)景気が良くなる」と述べ、今国会への提出を目指している財政健全化法に増税を盛り込む方向で政府内で議論を進める姿勢を示した。ただ、増税の具体的な内容や時期には言及しなかった。

 菅氏は、「一番最近で人気のあった小泉(純一郎元首相)さんでさえ、『自分が総理の間は消費税を上げない』と言ってこの(増税)問題を避けた」と指摘。「日本の政治家には、増税すると選挙に負けるというトラウマがある。選挙の争点としてこの問題を語る限りは、自分の任期の間はやめておこうとなる」として、税制改革についての与野党協議の必要性を強調した。

 その上で、「財政健全化だけでなく、成長と社会保障のあり方も含めた国会での議論の場を作っていこうと準備している」と述べ、財政健全化法案に経済成長や社会保障制度の将来像も盛り込む方針を示した。【坂井隆之】

【関連ニュース】
菅副総理:「死刑執行」に懸念表明 会談で中国首相に
菅財務相:今国会中の補正予算編成に慎重姿勢
自民:警戒感強める 財務相「財政健全化法案」検討で
郵政改革:菅氏と亀井氏、テレビ番組で口論
郵政改革:閣内対立激化 鳩・菅・仙VS社・国の構図に

<細菌>日本人の腸内に「海藻好き」…仏研究チーム発見(毎日新聞)
<鳩山首相>居眠り?休日返上でフル回転影響か 衆院本会議(毎日新聞)
会合出席者などにもさまざまな思い 名張毒ぶどう酒事件(産経新聞)
介護保険Gメンで不正請求10分の1に―東京都豊島区(医療介護CBニュース)
新党、「平沼党首」で合意…10日に結成(読売新聞)
AD