総務省が30日発表した労働力調査によると、2月の完全失業率(季節調整値)は前月と同じ4.9%だった。一方、厚生労働省が発表した2月の有効求人倍率(同)は、前月比0.01ポイント上昇の0.47倍と2カ月連続で改善した。
 完全失業者数は前年同月比25万人増の324万人、就業者数は80万人減の6158万人だった。
 有効求人倍率はハローワークの求職者1人に何件の求人があるかを示す。このうち、正社員の求人倍率は前月と同じ0.29倍で、依然として低水準にある。 

【関連ニュース】
自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ
半数以上「地方移管」を=国出先の仕分け結果
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ
景気「着実に持ち直し」=8カ月ぶり上方修正
新卒者支援策を周知へ=無料職業訓練など

5歳児餓死、母親「腕にアイロン当てた」(読売新聞)
金元工作員、5月にも来日か=日韓政府が調整(時事通信)
水俣病 29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定(毎日新聞)
共産書記局長「内閣解体状態だ」(産経新聞)
社民党、比例代表に原元新社会党副委員長を擁立(産経新聞)
AD