大阪府の橋下徹知事は7日、大阪市北区で行われた憲法制定の記念行事に出席し「国家運営の仕組みは金科玉条のごとく守らないといけないわけではない。国家運営の仕組みを変えるため、国民と全国的な議論を起こしたい」と述べ、憲法改正に言及した。

 報道陣の取材に対し、橋下知事は「議院内閣制は時代にあっていないので、変えなくてはならない。9条の問題とかもあるが、まずは統治機構をしっかりとしないといけない。9条はそこを変えてから議論するべきだ」とする見解を示した。

 また、「今の仕組みはおかしな統治機構。国家運営ができていない。小泉純一郎元首相のような何千年に一度のリーダーがいないと運営できない。普通の人では無理だ」と指摘した。

【関連記事】
関西州政治家連盟を発足へ
橋下知事と平松市長 バトルまだまだ続く
国旗の常時掲揚、大阪府・市で「差」 市民団体「トップの認識の違い」と分析
空席目立つ橋下劇場、知事「飽きられたのかも…」
橋下大阪知事が甲子園で始球式
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<国民新党>地方経済再生へ年3兆円 参院選マニフェスト案(毎日新聞)
<取り立てチーム>船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
錦市場などツイッター活用 商店街活性化に一役(産経新聞)
パロマ有罪「公正な判決に感謝」と涙の母(読売新聞)
<春の叙勲>皇居で大綬章授与式(毎日新聞)
AD