【ベルリン小谷守彦】ドイツ東部ライプチヒにある作曲家のバッハ博物館が20日、2年3カ月ぶりに再開館した。公的研究機関「バッハ・アルヒーフ・ライプチヒ」の付属施設で、改装により展示スペースが約2倍に拡充され、ドイツ観光の新たな名所になりそうだ。

 ライプチヒはバッハが没した地。同館は、バッハが晩年働いた聖トマス教会に隣接し、日本人の訪問者は全体の2割を占める。再開館を機に、バッハが1730年、ライプチヒ市に教会音楽への支援について苦言を呈した有名な手紙などの未公開資料が展示されている。

企業食い尽くすハイエナ 「クロちゃん」の10年(産経新聞)
ブレーキ優先機能、義務化検討=米国リコール受け-トヨタ車アクセル問題・国交省(時事通信)
両親口論、長女刺され死亡=母も負傷、海上に父の遺体-大分(時事通信)
センバツ 開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
外国人参政権「反対」28県、「賛成」を逆転 都道府県議会(産経新聞)
AD