2次医療圏別の人口当たり医療施設従事医師数に、2008年末現在で最大16.4倍の地域差があることが2月1日、日本医師会総合政策研究機構(日医総研)のまとめで分かった。06年末時点の16.0倍からやや拡大した。日医総研では「もともと人口当たり医療施設従事者数が多い2次医療圏で、さらに増加したため」としている。

 08年末現在の人口当たり医療施設従事医師数が最も多い2次医療圏は東京都区中央部で、1000人当たり11.78人。最も少ないのは愛知県尾張中部で0.72人だった。
 このほか、多いのは東京都区西部(4.78人)、福岡県久留米(4.06人)、島根県出雲(3.98人)、栃木県県南(3.77人)などで、東京都区中央部が他を大きく引き離している。一方、少ないのは茨城県常陸太田・ひたちなか(0.84人)、北海道根室(0.87人)、茨城県鹿行(同)、北海道宗谷(0.91人)などだった。全国平均は1.85人。

 日医総研では、厚生労働省が2年ごとに実施している「医師・歯科医師・薬剤師調査」などを基に分析した。


【関連記事】
医師の需給状況の把握などが課題-総務省委員会が答申
人口千人当たり医師2.1人、OECD平均を下回る
格差17倍、二次医療圏別「千人当たり医師数」
産婦人科・産科の医師数10年ぶり増―厚労省調査
来年度の医学部入学定員は360人増―文科省

<障害者基本法>抜本改正で推進会議一致 差別禁止法制定も(毎日新聞)
元教職員側、逆転敗訴 国旗・国歌訴訟 職務命令は合憲(産経新聞)
デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長-菅財務・経財相(時事通信)
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設(医療介護CBニュース)
国歌不起立の教職員名収集、神奈川県教委が継続(読売新聞)
AD