農林水産省は2日、本省や地方農政局、林野庁などで、平成16年から20年までの5年間に、コピー用紙やファイルなどの購入物品を、業者が納入する前に代金を支払っておき業者に代金を管理させる預け金などの手口で、約1億円の不正経理が行われていたと発表した。私的流用はないとしている。

 不正経理の主な内訳は「預け金」が6件57万円▽実際の契約とは異なる物品を納入させていた「差し替え」が5件186万円▽年度内に納入されたこととして代金を支払い実際の物品の納入は翌年度とする「翌年度納入」が393件約9700万円など。

 農水省全体での不正経理は計427件で、このうち地方農政局が382件と大多数を占めていた。農水省の監査担当者は「地方農政局では常態化していた。職員に予算の年度内消化という意識があったようだ。厳正に処分し、再発防止に努める」としている。

 全国各地の自治体でも昨年、同様の不正経理が相次いで明らかになったほか林野庁でも不正経理が発覚したため農水省が内部を調査したところ判明した。

【関連記事】
ずさんな管理明らかに 千葉県のプール金帳簿、保管は3所属のみ 
「地方課長時代から接待」 福岡、元副知事めぐる疑惑
立場変われば…政治とカネ、どこ吹く風 民主「予算優先」
元副知事の希望先へお抱え旅行 前局長認める
元副知事接待疑惑、調査委メンバー3人追加 福岡県

【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(1)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
<鳩山首相>施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
<経産省>衛星売り込みへ、アフリカに官民訪問団派遣(毎日新聞)
<陸山会事件>9億円は口座入金なし(毎日新聞)
<毎日新聞世論調査>民主党内の体制 有権者は不信感強める(毎日新聞)
AD