がん保険で失敗しない!正しいガン保険の選び方

テレビCMを見ていても分かる通り、がん保険にもさまざまな種類がありますが、一体どこが一番良いのか?正しい選び方についての注意点とアドバイス。


テーマ:
"  特養にいる私の母は8月のある真夜中、
お腹が急に膨れ上がり、救急車で運ばれた。
前日まで便が出ていたので突然の腸閉塞だった。
応急処置として人工肛門を取り付けることになった。
人工肛門の手術前、主治医からは
常に最悪のことを頭に入れておいて下さいと言われていた。
腸閉塞は改善されたが、腸閉塞の原因を調べるため、
内視鏡検査と腫瘍検査が後日行われた。
結果は末期の大腸癌。
手術は母のことを考え、あえてしないことにした。

主治医と検査結果の面談3日後には
母は病院を退院して、特養に戻った。
時間が経つにつれ母は落ち着いたのか、
顔つきがやわらかくなった。
面会のとき、私は生まれて初めて
母の炭鉱(三池炭鉱)節を聴く。
施設の方から「母の十八番(おはこ)ですよ」と言われた。
因みに母は痴呆症を患っている。

施設主治医と母のことで話をすると
「余命半年と言われた人が
2年も3年も生きたケースもある」と、言われた。

施設内ミーティングでは
今後起こるであろう母の痛みの問題が話題となる。

子供である私としては
「せめて90歳まで生きて下さい。絶対に苦しまないで下さい。」と
切に願うしかない。"
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"自分は41才でガンと診断されました。大腸にガンが見つかったのですぐに手術と言われてそのごに入院して治療をしています。
ガンと言われたときにはとてもショックで目の前が真っ暗になってしまいました。しかし落ち込んでいてもどうにもならないし生きるために治療をしたいと思いました。若いとガンの進行が早いとも聞きますがいろいろな症例があるのであまり考えないようにしました。
手術で見つかったガンを取り除いてあとは体に広がっていると大変なので抗がん剤と放射線治療をしています。最初は副作用を感じなかったのですが何回か目で吐き気とだるさを覚えました。これも薬が効いているということだと思い我慢できています。
何事も考えをプラスにすることで体が楽になると思っています。つらいので本当は笑うことをしたくないのですが笑うと元気がでる気がします。薬だけではない別の力でガンと戦いたいと思っています。
今はガンから生還する人がとても多いと聞きます。希望を持って行きたいと思います。"
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"ガン研究は、医学関係の専門分野ではトップレベルで発展している課題です。
なぜガン研究がここまでの題材として、または克服しなければいけない問題として中心になるのかといわれれば、それはやはり第一に人間が患う病気の中で最も深刻な病であることと、ガンそのものの発症が他の病気の併発に繋がるという懸念があるからです。

ガンは、ガン単体だけではなく糖尿病や他の内臓疾患と一緒に語られることが多いです。
それは、ガンの研究過程で生まれた新薬の効果などが実は、他の病気に役立つということが往々にしてあるからです。
ガンに対する研究費というのは各国で莫大なものになっています。
もちろん、その中では使われずにそのまま消えてしまう新薬や研究テーマもありますが、それを再利用して新しい他の病気の防止に使おうという流れは本当に良くあります。

こうした細やかな努力によって、不治の病とされているものの多くに特効薬が誕生しました。
これからも、こうした研究結果の中で素晴らしい研究結果が生まれるのだと感じます。"
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"昔から、ガンは遺伝的な問題だと言われていました。
確かに、ガンの病気がある人の家系には、代々とガンの人が多いのです。

それに比べて、ガンの人が親戚に一人も居ないという家系もあります。

家の家系も、ガンになった人が一人も居ないのです。
おじいちゃんは8人兄弟ですが、その8人の内、一人もガンが居ません。

ガンで、家族全員がなったとか、親戚にも多く、若くして亡くなった話を聞くと、本当に心が痛みます。

そのガンの話を聞いた事も無く、大きな病気になった人も居ないのです。

祖母も祖父も、病気になった事が無い人でした。
いつも元気でした。

でも、おじいちゃんの子供の中で、相手の夫の家系に凄くガンが多いのです。

タバコを吸う家系で、お酒も飲みます。

又、あるお酒を多く飲み、タバコが大好きな家系も、親戚の人がほとんど50代でガンで亡くなっています。

そう思うと、やはりお酒とタバコが関係していると思うのです。

それに比べて、祖父と祖母の家系には、タバコやお酒を両方たしなむ人が居ません。

どうみても、タバコとお酒はガンになりやすいのです。
"
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"ガン研究をしていく上で、今新しい研究テーマが考えられています。
それは、動物セラピーを導入したガン研究です。

動物を使った病気の改善システムは今に始まったことではありません。
ガンにも動物による癒しの効果を狙って、外側からではなく精神的な内側の面からガンを克服していこうとする動きが増えているのです。
しかも、ガン撲滅のための動物セラピーは他にも狙いがあります。
それは、臭いでガンがわかる動物がいるということです。

あるおばあさんがペットの犬の散歩をしていたときの話です。
その犬は突然、そのおばあさんの足に向かって吠え始めたのです。
何回注意しても吠え続けるものですから、気になって病院に行ったところ、足にメラノーマが発見されたというのです。

犬だけに限らず、動物というのはこうした人間の変化や周りの環境の変化にものすごく敏感です。
人間では決して気づけないことでも、動物になら気づけることがあるということが、ようやく科学的にも立証されてきたのは確実な前進だと感じます。"
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
"私はもう長い間健康診断を受けていませんし、今後も受ける予定がありません。

万が一癌になっていても絶対に早期発見する機会はないと思います。

それに早期でも発見するのは怖いです。

癌にならないのが一番いいですが、もしなったとしたら「早期だから手術して化学療法をして」という段階ではなく、もう手のつけようがないという段階の方がいいです。

想像の範囲だからこんなことを言うのかもしれませんが、手術は怖いし、化学療法なんかさらに怖いです。

癌と知らずに気づいたら死んでいたというのが、理想です(医学的にそういうのはありえないのかもしれませんが)。

でも自分の人生は一回でたったひとつの命なので、最後まで医者にぐじぐじいじくりまわされた挙句に死んで行きたくはないです。

もう仕方ない諦めて残りの日を生きようと達観して死にたいものです。

でも、もし身内が癌になったら、こうはいかないですね、生きていて欲しいという思いが強くなります。

ということは私も家族に「生きていて欲しい」と望まれるのかもしれません。むつかしい問題です。"
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"父親がガンで闘病中です。
闘病?と疑問に思えるほど結構長生きしてます。

最初、おなかが痛いんだよね。で
病院へ行き、とりあえず盲腸かもしれませんし
あけてみましょうか?で開腹手術。

あらびっくり「進行性大腸癌」

ともかく知らないで開いたわけですから
ドクターのびっくり。
とりあえずとりきれる見える分とってとって。
・・・その後、再発はありません。

大腸癌の健康診断。
実は、実母が大腸ポリープでけっこうひどい
症状になったことがあり、
そういったことから、父はかなり気にして
病院へ半年に一回程度づつ通って
検査していたはずですが・・・。

うーん、見つからないモノなんですねぇ。と。

早期発見が大事とはいいますが
早期?でもなく、とりあえず手術で結構元気になりました。

その二年後。
今度は胃がん。

それはいつもの検査で見つかりましたので
すぐに手術というわけでなく、都内の大学病院に転院
それから手術でかなり大掛かりになったような気がしますが。

胃の全部、それから転移していたらしい部分をかなり
切除。
さすがに、だいぶ弱ってしまうのか?
と思ったのですが・・・また元気に。

ただ、食べる量の問題から高齢でこの夏には
かなり体力がおちて弱ってしまいました。
もうダメか!で再入院。
栄養点滴その他でまたスッキリ。
この秋はまた元気になって、ちゃんと来年の桜も見られそうです。

早期発見早期発見というものの。とりあえず
ちょっと不調があれは高齢であればともかく
病院へいってみること。かかりつけをもつこと。
そのことで見つかった後も適切な処置で癌って怖くないのだな。

そう思う自分はあした、人間ドックです・・・。
・・・ちょっと心配。"
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"私の父方の祖父は、胃癌で亡くなりました。

まだ私が小学1~2年生位の頃で、本当におじいちゃんと言う存在が重要になってきた頃だったと思います。

祖父とキチンと遊んだ記憶はもうかなり遠くて曖昧なのですが、幼稚園位の頃だったと思います。

あの頃はまだ、走ったり運動したり農作業を手伝ってみたりと、結構色々出来ていたかも知れない~とうろ覚えで記憶しています。

祖父の胃癌が発症してから亡くなるまでの時間が短かったと聞いているので、胃癌と診断されるまで時間がかかったか、もしくは本人がただの胃炎だと思って放置していた可能性があります。

実際にガン治療の技術が発達した現代でさえも、胃の調子が悪いのはストレスの所為とか、ただの胃炎だとか焼肉の食べ過ぎだとか言って病院に診察に訪れない人は、実際にガンになっている可能性のある人の約7割は居るそうです。

ちょっと胃の調子が悪いので病院に行ってきますと言ってちゃんと診察してもらうだけでも、ガンリスクはかなり下がるのです。

胃癌ともなれば、早期発見で治療可能な病です。
内視鏡手術なら日帰りも可能です。

昔の様に大きくお腹を切って大手術をしなくても、鼻の穴から位に通すタイプの内視鏡ならば、大きな苦痛を伴う事無く簡単に手術が行えるようになっているのです。

祖父も、もっと早くにガンの存在に気付いて居たならば、あんなに早く亡くなる事も無かったと聞いています。

ちょっといつもより体調がオカシイと感じたら、きちんとした診察を受ける事をお勧めします。
"
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"私は乳癌健診を毎年行っています。なぜなら母親が乳癌で亡くなったからです。母親のおっぱいをまじまじ見ることもなかったので、気が付きませんでした。

母は専業主婦だったために、健康診断をしないで過ごしてきました。とうとう受診したときには、かなり進行していて肺にも転移が認められました。

すぐに乳房切除術を行い、母は抗がん剤を打ち治療を続行しました。
母は、大きな手術でリンパの切除も行ったためにとても、心身ともに苦しみました。

腕のむくみがとてもひどく、私はマッサージをしてあげる毎日でした。抗がん剤の治療もとてもつらいもので、吐き気と口内炎が強く、抜け毛も目立ちました。

もし、早期に発見していたらと私は胸が痛い思いでした。
私も結婚して母親になりました。子供のために早期発見が必要です。私は母の分まで行きたいと思います。

健康診断は、とても大切です。専業主婦や自宅で介護をされて忙しい人、子育て中で自分にかける時間がない人にこそ、受けてもらいたいです。
"
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"癌、という病気はいまや知らない人がいないくらい有名な病気ですよね。
日本での亡くなられた方の約3分の1は、癌が原因だそうです。
というのも、日本の医療が発達したからこそ。
一時期は結核などが多かったのですが、そのような病気は防ぐことができるようになったので、今は完全には治せない癌の死亡率が高いらしいです。
また漢字からして、""品""物が""山""のように増え、人々の生活が豊かになったから増えてきた、とも言われていますね。

癌は転移するし、再発の可能性が高い病気です。
今の技術では、化学療法や切除術でよくなる方もいらっしゃるようなので、治る可能性はある病気でもあります。
しかし、その切り取ってしまうのも、大きな決断だとわたしは思います。
例を出すなら、女性に起こる癌である、乳癌。
胸を片方切除してしまう、それはとても耐え難く、悔しいことだと思います。

今はCMでも癌検診を勧めるようになりましたね。
癌は早期発見が鍵となってくるので、めんどくさがらずしっかり検診をすることが大事と言えます。"
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。