文部科学省と厚生労働省は20日、幼稚園と保育所のサービスを一体的に提供する「認定こども園」の4月1日時点の認定施設数が昨年より174件多い532件になったと発表した。政府は2012年度までに2000件以上設置する目標だが、人件費が掛かることから達成は困難な情勢。
 認定こども園は06年10月に導入され、保護者が働いているかどうかに関係なくゼロ歳児から小学校就学前までの子どもを受け入れている。
 認定施設の内訳は公立122件、私立410件。都道府県別では東京の51件が最多。京都、鳥取、沖縄の3府県はゼロとなっている。 

【関連ニュース】
現金給付の見直し検討=子ども手当
子ども手当、半額は「現物支給」=民主若手が提言
子ども手当は「不要」=自民、民主政策を逆仕分け
市町村への権限移譲、26%どまり=首相「非常に不十分」
満額支給、修正を示唆=子ども手当、給食費にも

荒井幹事長「小異を捨てて大同につく」 新党会見で決意(産経新聞)
「医療? 介護?」、保険適用に訪問看護師が混乱(医療介護CBニュース)
学力テスト「ゆとり」見直し…新聞で読解力(読売新聞)
世界禁煙デーに合わせ、5月末にシンポジウム―厚労省(医療介護CBニュース)
<普天間問題>鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)
AD

コメント(1)