サン・スーシの女

テーマ:
『サン・スーシの女』(サン・スーシのおんな、原題・フランス語: La Passante du Sans-Souci)は、1982年に製作・公開されたフランスと西ドイツの合作映画である。概要ジョゼフ・ケッセルの小説の映画化であり、ジャック・ルーフィオが監督、ロミー・シュナイダーとミシェル・ピコリ、ヘルムート・グリームが出演した。本作はシュナイダーの最後の映画出演となった。西ベルリンでロケーションが行われている。キャストエルザ/リナ:ロミー・シュナイダーマックス・バウムシュタイン:ミシェル・ピコリミシェル(エルザの夫):ヘルムート・グリームシャルロット:ドミニク・ラブリエアンナ:マリア・シェルジャン・レノスタッフ監督:ジャック・ルーフィオ製作総指揮:ジャン・ケルシュネル製作:アルトゥル・ブラウナー、レイモン・ダノン脚色:ジャック・ルーフィオ、ジャック・キルスネル音楽:ジョルジュ・ドルリュー撮影:ジャン・ペンゼール編集:アンナ・ルイス美術:ジョルジュ・グロン装置:ジャン=ジャック・カジオロミー・シュナイダーの衣裳:ジェラール・ブレーズ、イングリッド・ゾレ衣裳:カトリーヌ・ルテリエ、エリザベート・タヴェルニエ映画賞受賞・ノミネーション受賞 セザール賞音響賞:ウィリアム・ロベール・シヴェル、クロード・ヴィランノミネーション セザール賞主演女優賞:ロミー・シュナイダーセザール賞助演男優賞:ジェラール・クラインセザール賞作曲賞:ジョルジュ・ドルリュー 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%81%AE%E5%A5%B3」より作成カテゴリ: 1982年の映画 | フランスの映画作品 | ドイツの映画作品隠しカテゴリ: 映画関連のスタブ項目

両陛下、メキシコ大統領夫妻と会見(時事通信)
検察審査会、遺族から意見聴取へ=歴代社長の起訴可否検討-福知山線事故(時事通信)
サンラ・ワールドを捜索 未公開株投資で巨額集金 金融商品取引法違反容疑 警視庁(産経新聞)
「やったぞ」地元沸く…長島「銀」・加藤「銅」(読売新聞)
「引退当然」「活躍励み」思い多様 朝青龍関引退(河北新報)
AD