ハイチ大地震復興支援のための国連平和維持活動(PKO)に参加した自衛隊の国際救援隊第1陣は日本時間の17日未明(現地時間16日午前)から、首都ポルトープランスの国連管理用地の整地作業に着手し、本格的な支援活動を開始した。統合幕僚監部によると、国際機関がコンテナなどの資材を置く場所を整地する。

【関連記事】
陸自の救援隊、活動候補地を視察 ハイチ大地震
ハイチ地震1カ月 世界をつなぐ日本の支援
救援活動進まぬハイチ 1カ月で犠牲者23万人
ハイチPKO派遣は350人規模 政府方針
ハイチ陸自派遣「工兵が一番求められている」

天下り“指定席”再調査へ、対象ポスト拡大(読売新聞)
機密費の官邸への上納「裏付け資料ない」 官房長官(産経新聞)
<卒業危機>高校生ら厚労相らに要望 生活苦学費滞納問題(毎日新聞)
1日当たりの入院・外来患者数とも増加―病院報告・09年10月概数(医療介護CBニュース)
<普天間移設>沖縄県連も提案へ 民主議員が意向(毎日新聞)
AD