兵庫県明石市で2001年7月、花火大会の見物客ら11人が死亡した歩道橋事故で、検察審査会の起訴議決を受け、検察官役の指定弁護士は20日、検察審査会法に基づき、榊和晄・元県警明石署副署長(63)を業務上過失致死傷罪で神戸地裁に起訴する。
 法的強制力を持つ起訴議決制度が昨年5月に導入された後、初の起訴。神戸地検は嫌疑不十分で不起訴としていた。元副署長は過失を否認しており、公判でも争うとみられる。
 指定弁護士は、神戸第2検察審査会が今年1月に議決した内容に基づき起訴状を作成。神戸地検の事務官が20日午前、神戸地裁に提出する。 

<ノリタケ>子会社元社員を追送検 横領額は1840万円に(毎日新聞)
仕分け対象の独立行政法人と事業(1)(産経新聞)
中国艦隊通過、問題視せず=平野官房長官(時事通信)
虐待の連鎖断ち切れ 社会の無関心さに警鐘(産経新聞)
小田急線、新宿―小田原間で運転見合わせ(読売新聞)
AD