厚生労働省は5日、2月22~28日にインフルエンザ定点医療機関(全国約5000カ所)を受診した患者数が1施設当たり1.36(前週1.76)で、5週連続減少したと発表した。流行開始の目安とされる「1」を18道府県で下回り、注意報レベルの「10」以上は都道府県単位でゼロ、保健所単位でも4カ所にとどまる。1週間の推計患者数は前週から2万人減の7万人だった。

 検出されるウイルスは、新型に加えB型やA香港型もわずかに混じっているが、流行のきざしはないという。

 また、新型インフルエンザワクチンについて、医療機関からの報告に基づく1月末までの接種者は約1772万人で、優先接種対象者(約5400万人)の3分の1に満たないとの推計を明らかにした。

【関連ニュース】
新型インフル:ウイルスを季節性ワクチン株に
新型インフル:ワクチンの副作用被害救済 部会が増額合意
新型インフル:東大、名古屋大など追試せず
センター試験:インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ
新型インフルエンザ大流行に備える/1 「警報レベル」超えた

首相、視察にかこつけ選挙運動? 栃木、山梨でも(産経新聞)
民主 参院選複数区で候補擁立難航 週内に発表(毎日新聞)
<成田空港>団結小屋の撤去命令、地上権を認めず…千葉地裁(毎日新聞)
阿久根市長の降格人事は「違法」…公平委が判定(読売新聞)
<内閣特別顧問>日本航空会長の稲盛和夫氏を任命…政府(毎日新聞)
AD