落語を切り口に、相続問題を司法書士が解説するセミナーが22日、大阪市内であり、上方落語家の桂茶がまさん(49)が創作落語「遺言」を披露した。

「嫌われがちな話を身近にしたい」と、司法書士の古宮努さん(40)が茶がまさんに弟子入り。掛け軸や茶わんの相続を思案する男のこっけい話を2人で作った。

子ども3人への相続割合に悩む86歳の女性は、異色コンビの落語と解説に大笑い。遺言作成にも前向きで「あの世に行ってからも笑っていたい」。【青木絵美】

<三井造船>肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁(毎日新聞)
<普天間移設>27日に知事会 訓練の分散移転受け入れ協議(毎日新聞)
山崎直子飛行士 帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」(毎日新聞)
<シバザクラ>見ごろ迎える 北海道・滝上 (毎日新聞)
ケータイ向け「MapFan」、「桜・お花見特集」配信スタート!~全国の開花情報を毎日更新!~ インクリメント・ピー株式会社
AD