日本科学技術ジャーナリスト会議(武部俊一会長)は21日、今年の科学ジャーナリスト大賞に、NHKの井手真也・チーフプロデューサーと植松秀樹・プログラムディレクターの2氏を選んだ。数学史上最大の難問に生涯をささげる数学者を描いた番組「素数の魔力に囚(とら)われた人々~リーマン予想・天才たちの150年の闘い」が評価された。

 準大賞にあたる科学ジャーナリスト賞には、書籍「インフルエンザは征圧できるのか」を著した青野由利・毎日新聞論説委員ら4氏が選ばれた。授賞式は5月18日。

 同賞は06年創設。科学に関する優れた新聞記事や番組、著作、ウェブ作品などに贈られる。他のジャーナリスト賞受賞者は次の通り。

 佐藤健太郎・東京大広報担当特任助教(書籍「医薬品クライシス」)▽歌人の松村由利子さん(書籍「31文字のなかの科学」)▽医学博士・外岡立人氏(「鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報」のウェブでの発信)

【関連ニュース】
毎日デザイン賞:表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌
毎日新聞移動支局:祭りと共に開設 足立・舎人公園
坂田記念賞:毎日新聞大阪本社編集局取材班など表彰
毎日新聞社:大阪、西部本社などもISO取得
訃報:石井幸夫さん71歳=毎日新聞懇話会最高顧問

最高裁で免職取り消し県職員、改めて停職処分(読売新聞)
<姶良市長選>笹山氏が初当選 鹿児島(毎日新聞)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
手動式除細動器の一部製品を自主改修(医療介護CBニュース)
転落死 マンション12階から4歳児 千葉・印西(毎日新聞)
AD