鳩山由紀夫首相は30日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる政府案の取りまとめ時期について、首相公邸前で記者団に対し「1日、2日、数日ずれることは何も大きな話ではない」と述べ、月内にこだわらない考えを改めて示した。
 首相は、政府案策定の時期を3月末までとした理由について「5月に政府として、沖縄(県民)をはじめ国民、さらに米国の理解もいただく案として認めてもらうには大体このくらいが目安だなと思ったからだ」と説明。「大事なことは5月に晴れて(米国や沖縄の)理解をいただくことだ」と語った。 

【関連ニュース】
日本の検討状況を見極め=米国務省
米大統領補佐官と電話会談=「普天間」早期解決を確認
岡田外相と米国防長官の会談要旨
「5月決着」目指し協議=普天間移設で日米外相
普天間移設の政府案、首相が発表も=与党幹部

鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種(産経新聞)
毒ギョーザ容疑者逮捕、被害者「徹底解明を」(読売新聞)
コウノトリ 卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡(毎日新聞)
<検察審査会>PRのDVD制作 最高裁(毎日新聞)
「夜スペシャル」施設使用は適法=塾連携の夜間有料授業-東京地裁(時事通信)
AD