自然エネルギー

テーマ:
電力政策改革のリトマス試験として見なされて、津波に見舞われた福島No.1Nuclear Power Plantで危機に続いて、原子力に取って代わるためにクリーンエネルギーを促進する政府の試みは広くそうです。

3月11日のすばらしい東日本Earthquakeと放射能漏れで災害がもたらした原子力発電所から発生する大規模な津波は抜本的に変えられた事情の周囲の日本のエネルギークレジットカード現金化 店舗政策を持っています。

5月18日の記者会見では、管直人首相は、初めて、基本的に政府の原子力政策とその基幹エネルギープランを再検討する彼の計画について言及しました。

日本のエネルギーブラックok 融資政策のための様々な挑戦があります、高レベル放射性廃棄物の最終的な処分を必要とする使用済み燃料中のプルトニウムを再処理で取り出して利用する核燃料サイクルから変化して、パワージェネレータと供給者に電力会社の分離を含む電気事業の企業再構築に。 言うまでもなく、これらの問題のいずれにも容易な解決を全く見つけることができません。

しかしながら、日本は有効に自然エネルギーソース--太陽で、風で、生物学的であるとしてのそのようなものと原子力への信用を徐々に減少させる地熱発電--公衆のメンバーと同様に専門家から幅広い支持を得た考えを利用するべきです。

原子力発電所は電力の主な供給源です、そして、クリーンエネルギーソースが原子力に完全に取って代わることができるかどうかに関して問題は残っています。 専門家の中には量とコストの両方に関して自然エネルギーソース現金化 仕組みの使用への限界があると指摘した人もいました。 そのうえ、これらの環境に優しいエネルギー源の使用への他のつまずきの石があります。

太陽電池と風力発電機によって生産される電力の頻度と電圧は不安定です。 それは電力グリッド送電系統を安定して経営しているためにこれらの電源を完全に導入する難しいとして広く見なされました。 しかしながら、パワーグリッド送電系統が別々にエネルギー供給会社によって経営されているという事実によってこれらのクリーンエネルギーソースの完全な導入クレジットカード現金化 詐欺は妨げられました。

それは何年間もそんなにより太陽で指摘されています、そして、パワーグリッド送電系統がエネルギー供給会社の間の境界を超えたより統合している方法で経営されているなら、風力は利用されるかもしれません。

地域独占を楽しんでいた電力会社が、電力を安定して供給する際に重要な役割を果たしました。 しかしながら、電力の要求は、現在、あまり成長していなくて、近い将来ピークに達すると予想されます。 こういう状況なので、電力グリッド送電系統は、より柔軟に経営されるべきです、その頻度や電圧などの電力の品質を犠牲クレジットカード現金化 違法にするべきではありませんが。

だれが発電のコストの上昇を歩くべきであるかに関する問題は答えがないままで残っていました(また、クリーンエネルギーソースの完全な導入を妨げました)。 消費者は、ある余分な負担を背負う必要があります。 しかしながら、原子力で研究開発の必要性の口実で集結された発電基金の配分は正されて、自然エネルギーソースを増加させるための努力をより多く向けられるべきです。

地熱発電の導入は領域で開発規制で国立公園とそのような発電が温泉に悪影響を与えるかもしれないという恐れとして指定されていた状態で妨げられました。 しかしながら、火山の多い国として、日本は、電気を起こすのに地熱エネルギーを完全に使用するべきです。 そのために、国立公園の開発規制は見直されるべきです、そして、地熱エネルギープランが温泉に持っているどんな影響力のための補償問題も記述されるべきです。

自然エネルギーソースの完全利用への他の多くのつまずきの石があります、そして、また、これらの問題は日本の総合的なエネルギー政策への挑戦を引き起こします。

政府は第一歩として自然エネルギーソースの使用を電力政策改革に向かって促進するべきです。
AD
 心と体の性別が一致せず学校生活に苦痛を感じている性同一性障害(GID)の児童・生徒について、少なくとも15都府県で、教育委員会が学校への相談を把握していることが毎日新聞の調査で分かった。埼玉県と鹿児島県の公立校が昨年度、本人の望む性別での登校を認めたが、悩みを抱える子は全国にいることが初めて明らかになり、学校や地域レベルにとどまらない対応が急がれる。

 ◇「専門的情報が必要」…46教委

 公立校を所管する都道府県と政令市の計66教委を対象に、今年度在籍する児童・生徒からの相談を把握しているかを尋ねた。把握していると答えたのは15都府県と3市教委。相談数は首都圏や近畿圏が多く、判明しただけで計24人。ただし2月に独自調査で十数人を確認した埼玉県が「数字が独り歩きしてはいけない」とするなど4教委が人数を明かさず、2教委は相談の有無も答えなかった。学校が教委に報告していない例や、教諭に打ち明けられない子もおり、今回分かったのはごく一部とみられる。

 学校で対応した内容としては、制服変更を認めた▽教職員トイレを利用させた▽更衣室を他の生徒と別にした▽本人が望む名前の使用を認めた、など。山形、高知両県教委は学校への本格的な調査を実施予定という。

 文部科学省は4月、学校現場に医療機関との連携などによる十分な配慮を、教委には学校への情報提供や指導・助言を求める通知を出した。しかし「どの診療科に相談すべきかさえ分からない」(名古屋市)、「専門医のいない地方で独自の対応は難しい」(高知県)など、46教委が専門的な情報の乏しさを指摘。国のガイドライン(33教委)や他校での対応例(31教委)を求める声も目立った。【五味香織】

 ◇解説…対応例集めて国が支援を

 専門医の間では、体の性別への違和感に苦しむ人は1000人に1人ともいわれる。男女別の制服や授業がある学校生活は特に悩みが深い。岡山大調査によると、GIDと診断された4人に1人が不登校になり、3人に2人が高校卒業までに自殺を考えていた。

 だが教育現場の問題意識は乏しい。勇気を出して学校に相談したのに、取り合ってもらえず登校できなくなった。そんな子は珍しくないが、実態把握さえ不十分だ。文科省はやっと重い腰を上げ通知を出したものの、現場の温度差は解消されていない。今回の調査では、人権に配慮し積極的に対応する教委があった一方、「ごく一部の事例に過ぎない」と軽視する声も聞かれた。「多くの教職員は多様な性のあり方を受け入れることに抵抗がある」と、いまだに偏見が根強いことを打ち明ける人権担当職員もいた。

 まずは学校や教委が実態を把握し、教職員のGIDへの知識を深めることが必要だ。文科省もさらに一歩踏み込み、具体例を集め対応のヒントを現場に提供するなどの支援に取り組むべきだ。学校の理解不足が子どもたちの学習の機会を奪ってはならない。【五味香織、丹野恒一】

【関連ニュース】
性同一性障害
性同一性障害(GID)
境界を生きる:子どもの性同一性障害/1(その1) 高1男子「早く女性の体に」
境界を生きる:子どもの性同一性障害/1(その2止) 悩む現場の専門医
境界を生きる:子どもの性同一性障害/1(その2止) ホルモン療法、国内指針

イネ開花期の仕組み解明=日が短くなると抑制解除―農業生物研(時事通信)
荒井国家戦略相、職員に訓辞も疑惑説明せず (産経新聞)
<人事>最高裁(16日)(毎日新聞)
首相、報道陣への警戒心あらわ 本紙、またも質問できず(産経新聞)
口蹄疫 菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
AD
 荒井聡国家戦略担当相の政治団体が知人宅を「主たる事務所」とし経費を計上していたことについて、細野豪志民主党幹事長代理は10日、党本部で記者会見し、党として経費の計上を確認し「架空や違法な支出はなく、批判は当たらない」との見解を明らかにした。
 自民党は、荒井氏のほか、過去に事務所費問題が取りざたされた蓮舫行政刷新担当相と川端達夫文部科学相に事実関係を明らかにするよう求める質問主意書を提出しているが、細野氏は両氏についても調査の結果、問題はないとした。
 荒井氏は同日夜、取材に「自分で調べ問題ないと言ったが、領収書の中身を見れば理解してもらえると思う。自民党のような、事務所費として説明できないものとはまったく違う。会見などを通じて、さらに説明していきたい」と話した。
 一方、民主党は、荒井、蓮舫、川端3氏の2007~09年分の経費に関する領収書を公開。タクシー代や電話や郵便料金などの領収書が大半だったが、荒井氏分のレシートには漫画本や「コミック」と書かれたもの、有名衣料品店のものも複数含まれていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕タレント、議員そして大臣へ 蓮舫氏
「政治とカネ」で早くもつまずき=野党は説明要求
子ども手当「満額」見送りを=蓮舫行政刷新相
小沢氏「一兵卒で微力尽くす」=枝野氏と3分間会談
特別会計改革で仕分けを=蓮舫行政刷新担当相・新閣僚会見

スーザン・ボイル、自宅侵入事件でティーンエイジャーを逮捕
新拠点か、オウム側がビル購入=都内最大規模に―東京・足立区(時事通信)
ジューンブライドって本当!? 岩手めんこいテレビ・大久保涼香アナウンサー(産経新聞)
交番に「拳銃よこせ」=包丁男を逮捕―警視庁(時事通信)
「願いかなう」いすに行列 神戸・北野異人館(産経新聞)
AD